ビジネススキルのニュースタンダード!Zoomの使い方【ウェビナー編】PR会社~カーツメディアワークス

ビジネススキルのニュースタンダード!Zoomの使い方【ウェビナー編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者:PR事業部 石黒 孝昇

テレワーク(リモートワーク/在宅勤務)が一般的になり、在宅での作業や遠隔地とのミーティングが簡単になってきましたよね。それを可能にするのが様々なWeb会議ツール。その中でも定番ツールといえば「Zoom」(ズーム)ですよね。

もはやZoomを使いこなせるかどうかがビジネスマンとしてのスキルの高低をも左右させるといっても過言ではない状況です。そんなZoomについての使い方をご紹介したいと思います。

Zoomの種類

Zoomは、音声・動画によるWeb会議や「ウェビナー」と呼ばれるオンラインセミナーを行えるプラットフォームです。代表的なサービスは次のとおり3種類あります。

①Zoomミーティング:Web会議用アプリ
②Zoomビデオウェビナー:Webセミナー用サービス
③Zoom Rooms:テレビ会議システムとワンタッチで接続するソリューション

最も一般的に利用されているのは「Zoomミーティング」です。基本的なWeb会議はZoomミーティングの機能を活用して行われます。

Zoomの料金帯

img

「ホスト」とはミーティングを主催するユーザーのことです。Zoomの利用料はホストの権限とアカウント数によって決まります。

単発でウェビナーを実施する際は「プロ(Pro)」と「ビデオウェビナー」が必要になり、7,400円〜(視聴参加人数によって変動)で実施が可能です。

ウェビナーとは

ウェビナーとは "ウェブ(Web)" と "セミナー(Seminar)" を掛け合わせた言葉で、映像を使ったセミナーをインターネット上で実施することをいいます。インターネットセミナー、オンラインセミナー、Webセミナーと呼ばれることもあります。

現在では準備コストの安さや、参加者の移動などの負担や時間的な拘束も軽減できるため、リアルな場で行うセミナーよりも、選ばれることが多くなってきました。

Zoomではウェビナー専用の機能も拡充しており、一般的なZoomミーティングとの違いは以下のとおりです。

img

Zoomウェビナーでは参加者をホストとパネリストのみが確認できる機能、事前登録画面作成機能、Q&A機能などウェビナーに最適化された機能が揃っています。

登録の仕方

①ログイン

ZoomミーティングとZoomウェビナーの機能の違い

img

右上の「サインイン」のタブからIDとPASSを入力します。

②ウェビナーをスケジュールする

img

サイドメニューから「ウェビナー」を選択すると、ビデオウェビナーをスケジュールする画面が表示されます。

セミナー名(トピック)、内容の説明、時間設定をしてビデオウェビナーを作成します。定期的に開催するように設定することや、当日のセミナーを録画するかどうかを選択することもできます。

③講演者を招待する

img

講演者(パネリスト)の名前とメールアドレスを登録します。登録された人には講演者としての招待メールが配信されます。

以上で設定は完了です。さらに詳細の設定ではウェビナーを開催する人には嬉しい機能も満載なので、以降のパートにてご紹介します。

便利な機能

Zoomウェビナーには痒いところに手が届く機能が豊富に用意されていますので、その内容をご紹介します。

①参加登録画面のカスタマイズ

ロゴやカラー設定、登録の際の質問事項なども自由に選べるので、視聴者向けのビデオウェビナーへの参加登録画面も簡単にカスタマイズが可能。また、ビデオウェビナー後に、SNSや商品紹介など、参照してほしいページのリンクを渡すこともできます。

②講演中にできること

img

img

講演中は、視聴者側からチャットでコメントをしたり、質問があれば挙手をして送信した質問内容を、講演者が見て口頭で返答することも可能です。講演者側から視聴者を壇上に招待する機能もありますので、リアルなセミナーと遜色ない内容で進行することができます。

③カレンダーに招待

img

google/yahoo/outlookカレンダーに、講演者も視聴者も招待できますので、細かい変更などの共有漏れも回避することができます。

④リマインダーメール

img

ビデオウェビナーの事前事後にリマインダーメールやフォローアップメールを送信することができます。あらかじめ日時を設定することや、出席者、欠席者、講演者、視聴者など相手を分けることも可能です。

⑤Facebook、Youtube等のライブ配信

img

ビデオウェビナーをそのままFacebookやYoutubeなどでライブ配信をする機能もあります。事前に媒体を選んで設定しておけば、ビデオウェビナー開催と同時に配信が開始されます。

最後に

ここまでで非常に便利なZoomウェビナーの機能についてお伝えしてきました。ご紹介した以外にも様々な機能がございますので、まずは実際に触れることでどんどん慣れていってください。

また我々カーツメディアワークスではZoomなどのプラットフォームを活用した、オンラインの記者会見、メディア体験会、事業発表などのご支援をさせていただいております。PR会社ならではTV制作会社と連携しハイクオリティな映像を配信できるのが特徴です。それと並行して、オンライン会見などをすべてまるっとお任せいただくサービスもご用意しておりますので、ご興味がございましたらお問い合わせください。




PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627