Column

パブリック・リレーションズを促進する3つのポイント

|
  • 戦略PR/広報

 

良いブランドというのは、当たり前のことですが、市場性が急上昇しない限りは「最高」ではなく「良い」ままにとどまるでしょう。残念なことに、起業家の多くはせっかく努力を積み重ねながらも、ポイントを外した活動を行うばかりになかなか注目されることがありません。
 
いまは、ターゲットとする市場に効果的なPRと戦略的なマーケティング・プランをもって臨むべき時代です。パブリシティは増加傾向にあり、ブランドが次のレベルにアップするための追い風ともなっています。
 
ここでは、ビジネスの現場でパブリック・リレーションを促進するためのポイントを3つご紹介しましょう。
 
 
▼1. 評判
 
ブランドにとって重要なのはどれだけ多く露出できるかであり、潜在的なバイヤーに適切に印象付けを行い、興味を抱いてもらうことが大切です。またマーケターは自社の製品を披露し、ターゲットとするオーディエンスの関心を惹かなければなりません。そのためには、時間をかけて自社ブランドの弱みと強みを把握し、強みを周知する方法を見つけ出しましょう。
 
自社製品の強みを特定し、その長所をライバルよりもさらに強調すること。わずかな予算で運営するスタートアップの場合、ブランドの広告塔として自らの個人的なネットワークを利用することが可能です。しかし、ブランドが整った段階で、より効果的にターゲットとするユーザーに提示することを検討しましょう。つまり、パブリックな場を利用してのプレゼンテーションや、あるいはプレスリリースを利用するのです。
 
ジャーナリストに製品やサービスのピッチをする前に、適切なメッセージを練り上げることはお忘れなく。予告編的なピッチを使ってジャーナリストたちにもっと深く知りたいと思わせることから始めるのです。もしパブリックなプレゼンテーションを選んだ場合には、伝え方と内容のバランスをうまくとることが大切です。パワーポイントなどを使ったプレゼンテーションで、ユーザーの注目を集めながら、知ってもらいたいポイントをわかりやすく伝えられるよう工夫しましょう。
 
 
▼2. ネットワーキング
 
ネットワーキングはブランドにとってパブリック・リレーションを構築できるもっとも直接的な作戦のひとつ。意識的あるいは無意識的に関係なく、起業家はしばしばビジネスの立ち上げ時期に関係のある個人や組織とネットワークを形成するものですが、こういったネットワーキングは将来的にパートナー企業や長期の関係を維持できる優良顧客といったかたちに転化する可能性を備えています。
 
従業員やその家族、友人もネットワークの一部です。現代では従業員に適切なインセンティブを提供するなどして彼らとのリレーションシップを優先することも重要な時代となっています。加えて、従業員にブランドのビジョンやミッションに共感してもらうことも依然として大きな意義を持っています。
 
ブランドに共感している従業員はサポーターになってくれる要素を備えていますし、ブランドを好んでソーシャルメディア・チャンネルをフォローしてくれているカスタマーは、親戚や友人におすすめしてくれる可能性があります。ネットワーキングは一方で昔ながらの「個人対個人」のインタラクションを超えることも珍しくなく、ほかの組織や志を同じくする個人とパートナーシップを醸成することも当たり前とされ、プロモーションやリソースの分配などで協力し合うケースが増えています。
 
 
▼3. ソーシャルメディア
 
ソーシャルメディアはいまやマーケティングにおいて紛れもなく大きな役割を果たしており、あらゆるビジネスがインターネットの力を利用してオンラインで自らをプロモートする時代と言っていいでしょう。サイトを訪問したり、ツイートをシェアしてくれたり、InstagramやFacebookのページをフォローしてくれたりする人が多くなればなるほど、あなたのブランドは彼らの注目を集めているということになります。
 
オンラインにおけるプレゼンスを高めることによって、潜在的な投資家にあなたのブランドや会社の概要を知ってもらえるチャンスも高まります。製品やサービスのプロモートにあたっては、インフルエンサーと一緒に取り組むことも有益ですが、協力してもらうためには彼らのフィールドや興味の方向性と関連があるかをきちんと伝えられることが条件です。
 
ソーシャルメディア・マーケティングは、ブランドが目指すべきユーザーに適切にアプローチするためには必要不可欠ですが、一方でブランドがオンライン上で影響力を持てば持つほど、自らの投稿やツイートが本来の方向性から外れることがないように細かく配慮をしなければならなくなることも知っておきましょう。つまり、忠実なカスタマーを維持するために、ブランドは自らの信頼性をキープし続けなければならなくなるのです。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00