オンラインでの評判を改善する5つのポイントPR会社~カーツメディアワークス

オンラインでの評判を改善する5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img

今日のデジタル社会においては、さまざまな質問の答えをオンラインで探すことが当たり前になっています。そのため、見込み客はあなたのブランドについて知ろうとする際にはオンラインで検索するということを前提としておくべきでしょう。

 

つまり、ある組織に対する評判という点において、オンラインでのプレゼンスが占める割合はとても大きくなっているということ。オンラインで継続的に評判をキープすることができれば、信用性を高められるだけでなく売上のアップにもつながります。

 

ここでは、ブランドを成長させるのに役立つオンライン評価を改善するための5つの方法をご紹介していきましょう。


1.統一したブランド・メッセージを形成する



まずは製品やサービスの強みを表現するコンテンツを通して、唯一かつ一貫したメッセージを伝えることから始めましょう。

 

例えば、業界の最新動向をシェアするブログ記事を定期的に投稿してみてはいかがでしょうか。ブランドと読者の間に共通の関心を醸成するためには、読者にとってメリットがあり、かつ読み応えのある記事を提供することが欠かせません。加えて、市場トレンドや競合他社の展開パターンを調べることで、さまざまなアイディアや戦略を導き出すことにもつながります。

 

また、電子書籍やケーススタディ、ホワイトペーパーなどの各種リソースを取り入れるのもいいでしょう。こういったコンテンツを付け加えることで、企業やブランドが提供している製品やサービスについて読者がより深く知ることができるようになります。

 

例えば、現在のクライアントが製品をどのように利用しているのかを取材したケーススタディを掲載するのもいいでしょう。企業やブランドが社会に対してどういった価値を提供しているのかについて直接的な事例を提供することで、印象的に企業紹介を行うことができるとともに、製品やサービス自体の魅力や信頼性をアピールする絶好の機会にもなるでしょう。


2.印象的なウェブサイト作りを意識する


モバイルフレンドリーなサイトであることはいまや必須と言ってもよく、総務省のデータでは2017年時点ですでに国民の75パーセント、つまり4人に3人がスマートフォンを所有していることが明らかになっています。

 

サイトを(特にモバイルデバイスに対して)ユーザーフレンドリーにしておくことは、印象的なウェブサイト構築に際してもっとも重要な課題のひとつでもあります。企業の提供する製品やサービスに関してサイトが教育的・啓蒙的な機能を持つ「ハブ」として24時間365日、常に運用されているということを念頭に置いておきましょう。

 

見込み客が企業に対して抱く最初の印象は、まさにウェブサイトに対する印象そのものであり、ファーストインプレッションでアドバンテージを獲得することでビジネスをより活性化させることができます


3.オンライン・ユーザーにきちんと対応する


コンテンツを次々に投稿・掲載していくにつれて、オンラインでのエンゲージメントが増加していくことに気づくでしょう。それはブログに対するコメントであったり、ツイートであったり、シェアであったり、チャットのメッセージであったりと、さまざまなかたちで表れます。メッセージがどのようなかたちで届くにせよ、これらオンラインのエンゲージメントに対してきちんと反応し、感謝を伝えるように心がけましょう。

 

オンライン評価を改善するにあたって、ソーシャルメディアは大きな役割を果たしています。ソーシャルメディアのモニタリング・ツールを活用することで、誰があなたの会社に関してコメントをしているかをトラッキングすることができますし、きちんと対応することによってほかの見込み客にもその真摯な姿勢をアピールしつつ、伝えたいメッセージを届けることにもつながります。

 

人々があなたのブランドに関してよりポジティブなコメントを発信してくれればブランド力を向上させることができ、ひいてはインフルエンサーによるインタラクションを獲得することも可能になるでしょう。


4.レレバンスを保つために首尾一貫する


ここまでご紹介した方法はすべて大切なものですが、それらをより望ましい状態で実施するためには一貫性を保つことが欠かせません。オンラインでのプレゼンスをトラッキングしつつ、新しいリリースにあたってウェブサイトをアップデートしたり、ブログへのコメントに対応したり、あるいはウェブサイトまたはSNSアカウント経由でライブチャットの質問に回答する際であっても、常に一貫性を意識するようにしてください。

 

もちろん、一貫性を維持するには時間と労力が必要です。しかし得られる結果はそれにかけた時間や労力以上のもの。そうすることで業界におけるブランドのレレバンスを保つすることができますし、顧客をより長い期間にわたって維持することにもつながります。


5.オンラインでの評判をモニタリングする


理想としては、ブランドに関する世間の好意的なコメントは積極的にシェアし、否定的なコメントには常にアンテナを張っておきたいもの。ウェブを通じてブランド評価をコントロールすることはそうそう簡単にできることではありませんが、それでも適切にマネジメントすることはできます。

 

ただし、オンライン評価はさまざまなサイトやチャンネル、プラットフォームのすべてをモニタリングできるかどうかにかかっていますので、信頼できるメディア・モニタリング・プラットフォームを見つけ出し、すべてのコメントを1箇所で確認することができるような環境を用意しておくことをおすすめします。



PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627