オンライン・ビジネスを成功させるためのコツPR会社~カーツメディアワークス

オンライン・ビジネスを成功させるためのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img

現在の消費者はある商品やサービスを購入する前に、企業についてインターネットで検索を行うことが一般的になっていることもあり、デジタル・マーケティングはいまやビジネスに必須のツールとなっています。企業がウェブ上で魅力的なプレゼンスを維持するためには、常に最新のツールやテクニックを取り入れることが欠かせません。

 

企業と消費者がコミュニケーションを行う手段や方法は様変わりしており、環境の変化にタイムリーに対応していくことが求められています。新しいテクノロジーの登場はそういった変化に柔軟に対応するベースとなり、新しい価値をもたらします。

 

ここでは、デジタル・マーケティングの最前線にいるために役立つツールやテクニックについてご紹介していきましょう。

 

 

1.デジタル・マーケティング戦略を計画する


まず手始めに、マーケティング戦略を定義し、展開することが最重要課題。そうすることで予算を設定し、キャンペーンの目指すべきターゲット層をより詳細に決めていくことができます。見込み客のプロフィールを決めるのはとても大切であり、ターゲット層のあらゆるデータを入手し、振る舞いについて学び、コミュニケーションの方法や習慣などについて把握しておきましょう。

 

そうすることで、リーチしたいと考えている消費者層に商品やサービスをどのような方法で提示すべきかなのか、どういった言葉遣いがふさわしいのか、つまりリーチしたい消費者層の好むテイストややり方により近づけるためのディテールを知ることができるのです。

 

 

2.SEOまたはWEBポジショニング


消費者が最初に抱く印象は、まず企業のウェブサイトに左右されるもの。彼らがアクセスしたときに快適にブラウジングすることができれば、サービスを利用したり商品を購入したりする成果へとつながります。このことはデジタル・キャンペーンの要となるものであり、ちょっとしたディテールにおいても手を抜いてはいけません。

 

   デザイン:色、テキスト、イメージ、メニュー、そしてアクセシビリティ。これらの要素はサイトをより魅力的かつ直感的なデザインとするのに重要なものです。

   コンテンツ:情報はクリアかつシンプルに配置されなければなりません。そしてもちろん、ユーザーに価値のあるものであること。彼らがアクセスするということは、抱えている課題や問題に対するソリューションを探しているということを忘れないようにしましょう。

   ロード時間:もうひとつのとても重要な要素はページをロードするスピードです。ウェブサイトが表示されるのに時間がかかるようでは、ユーザーは簡単に離れてしまいます。例えば、画像は必ず最適化しておくようにしてください。

  セキュリティ:ウェブサイトのポジショニングにおいてセキュリティは最重要課題。httpsに適用させるなど、アクセスしているページが安全だとユーザーが確信できるようにしましょう。

  レスポンシブ:消費者はさまざまなデバイスを使ってウェブサイトにアクセスする時代。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにも完璧に対応することのできるフォーマットでなければなりません。

   コンタクト:ターゲット層が企業にコンタクトできるように、電話番号やメールアドレス、コンタクト・フォームなどを用意しておくことは必須です。

 

上にご紹介した要素はSEOまたはサイトのポジショニングにおけるキーとなるものばかり。加えて、企業についての記事を執筆してもらったり、ほかのウェブサイトやブログからリンクを貼ってもらうのも効果的です。

 

 

3.ショッピング体験を新しく


消費者は単に商品を購入すること以上のもの、つまり満足できるショッピング体験を求めています。チャットボットや自動応答システムだけでは彼らから良い評価を得ることはできません。企業は人格化されることで、より身近かつ熱心なイメージを与えることができるのです。ブランドとしてのパーソナリティを獲得し、消費者のテイストやニーズにフォーカスしながら感情的なつながりを持つことが欠かせません。

 

加えて、質の高いカスタマー・サービスを提供することも重要。消費者は自らの問題意識が無視されることなく聞き入れられたと感じたいのです。経験を積んだスタッフと必要なツールによって適切に対応することができれば、競合他社には壊すことのできない強固な絆を構築することができるでしょう。

 

 

4.ソーシャルネットワーク


ソーシャルネットワークの最大のメリットは、コミュニケーションの手段としてとても安価であり、なおかつとても多くのユーザーにリーチすることができること。ただし、どのソーシャルネットワークを利用すべきなのかということはきちんと考えておくべきで、あらゆるサービスでアカウントを作成するのが常に好ましいというわけではありません。

 

B2Bビジネス(企業間取引)をメインに行なっている企業であれば、LinkedInのアカウントを作成するのは必須。ビジネスやアカデミックな領域に特化したサービスだからです。

 

一方で、もし最終消費者に向けた商品やサービスを提供しているのであれば、ビジネスについてのベストな印象をダイナミックに表現できるInstagramが大いに役立つでしょう。Twitterは双方向のやりとりができるため、消費者の質問を受け付けるプラットフォームとしては最適。さらに、インフルエンサーを投入することで、彼らのフォロワーにポジティブな働きかけをすることも可能になります。



関連するサービス

  • デジタルマーケティング戦略支援

    戦略PRを得意とするカーツメディアワークスだからこそできるデジタルマーケティング戦略サービスです。

  • コンテンツマーケティング運用支援

    「あなただけの編集部」として、クライアント様のコンテンツを生み出し、消費者のニーズを結ぶ架け橋をつくります。

  • SNS運用支援

    「広報型Facebookページ」制作から企画運用、コンテンツ制作まで一貫して実施いたします。

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627