【Facebook】ストーリーのデイリー・ユーザー数が5億人を突破:その意味するところは?PR会社~カーツメディアワークス

【Facebook】ストーリーのデイリー・ユーザー数が5億人を突破:その意味するところは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img

Facebookの「ストーリー」機能のデイリー・ユーザー数はついに5億人を突破。これを受けて、ブランドはいよいよストーリー向け戦略を立ち上げるタイミングと言っていいのでしょうか?

 

2017年にローンチしたストーリーはSnapchatInstagramのトレンドにならい、24時間で消える縦長サイズの写真やビデオというフォーマットを採用してスタート。ただ当時、ユーザーの多くはSnapchatからInstagramのストーリーに乗り換えようとしている時期であったため、Facebookのストーリーはそれほど話題になりませんでした。

 

しかし一方でInstagramFacebookの傘下であるため、FacebookInstagramのストーリーの成功に向けて尽力することでグループ全体でのシェアを拡大。またあふれかえるニュースフィードにうんざりしているFacebookユーザーには、日常生活のちょっとしたトピックをカジュアルにシェアできる方法としてストーリーを売り込みました。さらに、Instagramのストーリーに慣れ親しんだユーザーに向けてクロスポスト機能を利用してFacebookにストーリーをシェアするように働きかけを実行。

 

こういった動きは、同社のビジネスにとってストーリーが今後の成長のエンジンのひとつと認識されていることを示しています。

 

 

統計からみるFacebook「ストーリー」


Facebookの発表した2019年第一四半期の決算では、いくつかの興味深い統計データが提供されました。その最たるものが、最初にご紹介したように、Facebookのストーリーのデイリー・ユーザー数が5億人を突破したこと。このデータはFacebookMessengerを合計したものではありますが、昨年9月には3億人であったことを考慮すると、いかに目覚ましい展開であるかがわかります。

 

一方で、同社はFacebookのストーリーのみが成長するだけでは十分ではないと考えています。彼らはFacebook傘下にあるすべてのアプリが同じように成長することを望んでおり、提供しているストーリー形式のアプリについて以下の現状にあることを報告しています:

 

     FacebookMessengerのデイリー・ユーザー数は合計5億人

     WhatsAppでは5億人

     Instagramでは5億人超

 

 

Facebook「ストーリー」の次なる一手は?


Facebookのストーリーではすでに広告枠が提供されており、ブランドにとっての重要度は今後ますます高まっていくでしょう。同社COO(最高コンプライアンス責任者)のシェリル・サンドバーグによれば、すでに300万もの広告主がFacebook傘下の数あるアプリのなかからストーリー形式のものを選択。Facebookは自社のすべてのプラットフォームにおいてストーリー形式をますます成長させようと目論んでいます。

 

これらの状況から言えるのは、ブランドがターゲットとする消費者がFacebookのストーリーを楽しんでいるという状況があるのであれば、もはやInstagramのストーリーだけにフォーカスするだけでは十分ではないということ。Facebookにフォーカスするマーケティング戦略を立てるのでしたら、まさにこのタイミングでFacebookのストーリーにも投資をするのは妥当と言っていいでしょう。

 

また、最近ではFacebookがニュース・フィードをストーリーと一緒にすることでモバイル・アプリを実験的に再編しようとしているという噂も聞かれます。それが本当だとする確証はありませんが、もし実施されれば劇的な変化を及ぼすでしょう。しかし、ニュース・フィードの投稿よりもストーリーがよりフォーカスされるようになるというのは、納得のいく流れでもあります。

 

 

Facebook「ストーリー」の戦略を立てる


Facebookのストーリーをマーケティング戦略に追加することが決まったのであれば、さっそく戦略を立てることが重要。効率的に進めていくには、以下のポイントについて決めておくといいでしょう:

 

  1. なにを投稿するか
  2. 投稿の頻度
  3. 投稿のタイプ
  4. トライしてみたいクリエイティブなアイディア
  5. 費やすべき予算

 

については、試すべきコンテンツのタイプには以下のものが挙げられます:

 

     舞台裏のコンテンツ(製作裏話など)

     InstagramからFacebookへのクロスポスト

     実施したイベントの報告

     ユーザーが制作したコンテンツ

 

忘れないでおきたいのは、ユーザーがストーリーをシェアするのは日々の暮らしにおける「自分」を表現するためだということ。ブランドにおいても同様で、ニュース・フィードとストーリーでは必ず違ったタイプの投稿にするように心がけましょう。また、Facebookではビジネス向けに新しくストーリー・アーカイブへのアクセスも提供。過去のハイライトが見つけやすくなるよう配慮されています。

 

 

まとめ:ストーリーの持つ力


ストーリーの人気を支えているものはなんだと思いますか?ストーリーがほかのSNSフォーマットよりもより高いエンゲージメントを誇っているのには、次のような理由があります:

 

     消える系であること(エフェメラリティ):投稿がずっと残らないというメリット。

     真正であること(オーセンティック):いまはオーセンティックなコンテンツでないと際立つことはできません。

     容易なインタラクション:シンプルな投票形式にしたり質問形式にしたりするなど、さまざまな方法でインタラクティブなストーリーを制作することができます。

     カジュアルであること:さまざまなブランドがよりカジュアルなコンテンツを制作しています。

 

ストーリーはソーシャルメディアの様相を変える原動力であり、ストーリー形式の広告が持つポテンシャルに多くのブランドがすでに気づき始めています。ユーザー数も増加傾向にあり、新しいクリエイティブなアイディアを試すにあたってもパーフェクトなフォーマット。異なる広告フォーマットがターゲット・ユーザーにそれぞれどのように働きかけるかをきちんと理解すれば、大規模な予算を用意しなくてもエンゲージメントを高めることはできるのです。



関連するサービス

  • 海外向けFacebookマーケティング

    Facebook、Twitterなどソーシャルメディアを活用して安価に世界のターゲットにアプローチし、集客、認知向上、エンゲージメントアップを狙います。

  • デジタルマーケティング戦略支援

    戦略PRを得意とするカーツメディアワークスだからこそできるデジタルマーケティング戦略サービスです。

  • コンテンツマーケティング運用支援

    「あなただけの編集部」として、クライアント様のコンテンツを生み出し、消費者のニーズを結ぶ架け橋をつくります。

  • SNS運用支援

    「広報型Facebookページ」制作から企画運用、コンテンツ制作まで一貫して実施いたします。

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627