【海外マーケティング成功事例】大手物流会社の海外向けデジタルマーケティング戦略PR会社~カーツメディアワークス

【海外マーケティング成功事例】大手物流会社の海外向けデジタルマーケティング戦略

img

要望

アジア4ヶ国に対し、現地語で、日本に関する情報・日本の観光情報を発信することで、「日本が好き」「日本に興味がある」人たちを囲い込みたい。

「日本好き」のアジア人を集めた上で、それをベースとしてビジネスを展開したい。


課題

ゼロから立ち上げる4カ国語対応の新規メディアであるため、以下3点についてそれぞれ検討し、明確にしていく必要があった。

 

メディア自体の「コンセプト」をどのように設定するか?

 

アジア4ヶ国(インドネシア、マレーシア、タイ、台湾)の人たちが関心のあるコンテンツ、面白いと思うコンテンツとはどのようなものか?

 

最も適切なサイトへの流入方法は何か?


解決策

現地の人たちに響く「コンセプト」について、まず仮説を立て、その上で現地スタッフによるヒアリング、リサーチを実施することを提案。「現地のターゲット」に、確実に届く「コンセプト」を作ることに決定。

 

日本に興味を持っている人がどのような「キーワード」で検索しているか、各国ごとにリサーチすることを提案。4ヶ国共通の「キーワード」を導き出し、現地で共通して“検索される”記事コンテンツを作っていくことに決定。

実際にリアクションがよかった記事の「類似記事」を作っていくことで、ずっと読まれる「ロングセラー記事」へと成長させることを狙った。

 

多くの人に読んでもらうため、SNSの運用を提案。Facebookを通してファンを作りWebサイトへ流入させることに決定。


実績・結果

Facebookのファン数400万人、Web会員数80万人を獲得。

メディアが順調に成長していったことにより、大手4社の合弁会社が設立、事業化されるところまで見事メディアを育て上げることに成功。


PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627