Column

PR ~企画フレームワーク~確実にメディア掲載を獲得するために

|
  • 戦略PR/広報

■メディアが欲しい情報ってどんな情報?

 

「で、何が新しいの?」

「それ、どんな画が取れるの?」

 

これはずばり、テレビマンの口癖です。

メディアが欲しい情報は、新しさがパッと見てわかり、画が用意されているネタ。

そこに着目してニュースバリューを作っていく必要があります。

 

テレビマンが「報道する価値がある」と思えるニュースバリューをつくるために、以下の6つをヒントに考えていただきたいと思います。

■事例から考える:メディアが食いつくキーワードはこれ

 

次に、弊社の事例から見えてきたキーワードとして、メディアが反応しやすい以下の4つのキーワードもご紹介します。

・シーズナルキーワード

季節に合わせたトピックスを盛り込む手法です。

季節そのものや、季節の行事を連想させることで報道価値が生まれます。

 

例:正月、成人式、節分、バレンタインデーなど

 

事例:「クリスマスシーズン」に合わせたメニュー開発で、テレビ、ソーシャルメディアで大きく話題になった事例

https://www.kartz.co.jp/case/post-4970.html

 

・トレンドキーワード

世間の流行キーワードを盛り込む手法です。

キュンペーン企画や公募コンテストなどにトレンドキーワードを上手く活用することでアテンション率が上がります。

 

例:働き方、訪日観光客、映える、そだね、LGBTなど

 

事例:当時トレンドだった「婚活」キーワードからメディアが興味を持ちそうな「調査コンテンツ」を発信していき、マスメディアで大きく話題になった事例

https://www.kartz.co.jp/case/post-2372.html

 

・逆張り(暗黙知の利用)

カテゴリーが180度違うカテゴリーをくっ付ける、時間軸をずらす等の常套手段です。

PR会社が最も提案してくる企画タイプで、効果の確度も高めです。

 

例:「つながらないレストラン」(イモトのWiFi

  「朝婚活=婚活パーティーは夜行うもの」

  

・啓蒙型PR

世の中に「空気」を作り上げていく手法です。

国政、世論形成などにもしばしば使われています。

 

例:「R-1がインフルエンザに効く」 「デトックス」 「イラク戦争」 「韓流」「ファーウェイ(噂)」

 

「ニュースバリュー」を作るための6つのヒント、4つのキーワード、ぜひ貴社に当てはめて考えてみていただければと思います。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00