Case

  • 戦略PR/広報コンサルティング

【PR成功事例】外食チェーン店のPR戦略

要望

  • テレビに取り上げられたい!

課題

  1. これまで「話題性」づくりのために行っていた施策は、毎月新しい丼ぶりを「新メニュー」として出すことのみ。テレビに取り上げられるような、突き刺さる丼ぶりは作れていなかった。
  2. 次々と新しい丼ぶりが「新メニュー」として登場するので、逆に、「○○と言えば元祖大盛!」というようなブランドイメージが薄れてしまっていた。

solution 解決策

「○○と言えば元祖大盛!」というようなブランドイメージを、再び認識させられるような丼ぶりを作ることを提案。

Twitter上ですでに多くのフォロワーがいることから、そのフォロワーの人たちも喜ばせることのできる丼ぶりを作ることを提案。

年に2回、「話題性」のある新しい丼ぶりを作ることに決定。
丼ぶりの「ターゲット」から「コンセプト」「内容」まで、すべてのメニュー開発を担当することに決定。(お客様は盛り付け部分のみ担当。)

Outcome 成果

  • NHKの「首都圏ネットワーク」の他、「めざましテレビ」、「サンデージャパン」、「ZIP」の4番組での報道を獲得。

  • Webへの掲載も転載を含めると234件にも上り、見事に「話題性」を作り出した好事例である。

  • TV報道、Webへの掲載による広告換算値は、約1億900万円。

  • 「TV向けの企画作り」を得意とするカーツメディアワークスの強みが、見事に成果につながった事例とも言える。

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00