Column

SNSマーケティングにおけるKGI/KPI設定の難しさ

|
  • デジタルマーケティング

SNSマーケティングをはじめようと考えたなら、まず最初にやらなくてはいけないのが、SNSを運用する上でのKGI、KPIの設定です。「あれをしよう」「これもしてみよう」と具体的な運用方法を考えるよりも先に、まずは「ゴール」を明確にしましょうということです。

しかし、実際にはSNSマーケティングにおけるこのKGI、KPIの設定は非常に難しいと言わざるを得ません。

「ゴールをどのように決めればいいのかわからない」とお困りの企業様は多いですし、よく見聞きするのが「とにかくSNSアカウントを作って運用をスタートさせてみよう」とか、「フォロワーを〇〇〇人獲得を目指そう」などという曖昧なゴールのまま進んでしてしまうケースです。

SNSマーケティングにおけるKGI、KPIの設定が難しい最大の理由は、SNSを介してコミュニケーションをとった消費者が実際に購入するまでのプロセスが非常に長く、効果を測るのが難しい点にあります。

実際、CPA(獲得単価)を指標としている刈り取り特化型のWebマーケティング会社の場合、SNSの運用支援を行おうとしても、運用後の効果測定まで考えると「費用対効果が悪すぎる」という理由から、SNSマーケティングになかなか着手できないでいるのが現実です。

ネット広告など、多額の予算を使って購買・資料請求などの総数を上げていくことに成功している企業なら、本来であれば「興味・関心」をまだ持っていない消費者をターゲットとしたマーケティングを行うことを考えるべきです。

しかし、購入までの期間が長く、効果測定自体が難しいSNSマーケティングは残念ながらあまり積極的に採用をされていないというのが実情ではないでしょうか。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00