Column

PR会社から見たwebマーケティング戦略とは?【広報必見】

|
  • 戦略PR/広報

最新テクノロジーの活用と、不変的な本質へのアプローチの両面が必要

WEBマーケティングを語るうえで、SEOやリスティング広告、リマーケティングなどのキーワードは避けて通れません。
これらは「Googleの手のひらビジネス」と呼ばれています。Googleが生み出した市場やソリューションを用いて行うビジネスだからです。

Googleだけではない!?

しかし、今の時代「Google手のひらビジネス」だけでは不十分な世の中になっています。今や先進国だけでなく、少し前まで発展途上国だった東南アジアの各国でさえもスマートフォンが普及しました。

世界中の人々がFacebookやInstagramに自身のページを持ったり、LINEやWechat、Whats appなどを使ってコミュニケーションしたりするのが日常になっています。

つまり、「Googleの手のひら」から外にある世界へと足を踏み出したのです。

マーケティングの本質とは?

さらに言えば、かつてブランドはWEBマーケティングを通して構築されたものですが、今はそれだけでは成立しなくなってきています。

UBERやAirBnBに代表されるユニコーンと呼ばれる巨大IT系スタートアップ企業は、スマホやWEBで完結する新時代のWEBビジネスですが、その評判をより多くの人に広げているのは、リアルなクチコミであったり、マスメディアが報じるタイミングであったりします。


結局、マーケティングの本質は「いかに一人でも多くの欲求を駆り立て、購買させるか」に集約されます。

経済社会のしくみが変わらない限り、この本質はこれから先も変わることはないでしょう。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00