Column

PR会社が考えるソーシャルメディアマーケティングとは【広報担当者は必見】

|
  • データビジュアライズ

 

ソーシャルメディアを通じて企業と消費者との〝双方向のコミュニケーション〟を図り、信頼関係を築く

オウンドメディアや広報/PR戦略、広告といったマーケティング手法は、企業側から消費者へ向けて発信される〝一方通行のコミュニケーション〟です。
 
これに対して、TwitterやFacebook、Instagramなどソーシャルメディアを用いたマーケティングは、企業側と消費者側とが”双方向”でコミュニケーションする取組みです。
 
 
 
 ソーシャルメディアでは企業が投げかけた情報に対して、読者から「いいね!」や「シェア」「コメント」「リツート」「お気に入り」などボタンを教えて反応があります。
これらそれぞれアクションの反応が良いと、エンゲージメント率が高い、ということになります。
 
 
 
 このターゲットからのアクションよって、企業側は消費者の気分やニーズ、世の中のトレンドなどを知ることができます。
また、コメントなどの足跡を残してくれた読者に対して、企業側が返事を書いたり、話しかけたりすることで、相互コミュニケーションが生まれ、信頼関係作りやファン構築がなされていきます。
 
 
 
なぜ、相互コミュニケーションが重要かというと、マーケティングの側面でいえば、ブランドに忠実なロイヤルカスタマーを育てることを目的としています。
 
もう1つは、率直な感想や反応を分析し、商品開発や改善につなげていくというものです。
また、情報過多の世の中で、消費者は何を信じればいいか、どれを選べば良いかが分かりにくくなっています。
 
 
ソーシャルメディア以前はこのような「消費者との相互コミュニケーション」は物理的に難しく存在すらしてませんでした。
カスタマーサポートセンターが近い存在だったかもしれません。
 
 
 
その点において、一方的に投げかけられるだけの情報サービスではなく、消費者が自主的・自発的に参加していけるソーシャルメディアはもはやWEBマーケティングに欠かせない必須のツールといえます。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00