Column

【企業向け】twitter活用術~始め方~(広報、PR担当必見)

|
  • データビジュアライズ

 

目的とターゲットに合わせたツイートを投稿し、ユーザーとコミュニケーションを図る
Twitter立ち上げの際のポイントは、基本的にはFacebookを同じです。「何のためにTwitterをするのか」の目的と、「誰に向けてツイートするか」のターゲットをまず絞り込みます。
 
 
前述したTwitterのメリット・デメリットを踏まえた上で労力だけかかるのであれば立ち上げない方がいいでしょう。
アカウントは企業やブランド名、企業キャラクターなどで作ります。
 
 
プロフィールは、ユーザーが企業をフォローするかどうかを決める判断材料になりますから、できるだけ内容を充実させるようにしましょう。
 
 
 アカウントの作成ができたら、WEBサイトで表示します。
 
Twitter公式のウィジェットコードは、設定メニューの「ウィジェット」から出力できます。
 
 ある程度フォロワーがついてくると、様々な反応が返ってきます。
 
@(自社)でユーザーから話しかけられたらしっかり返事をしましょう。
 
対話が何より重要です。
 
また、Twitter検索で、自社関連のツイートを探せるので、「商品の使い方が分からない」「売り切れで手に入らない」など呟いている人がいたら、こちらから積極的にフォローして対応しかけていきましょう。
 
 
 Twitterは流れの早いコミュニケーションツールです。そのため、トレンドや気分が頻繁に変わります。
 
 
世の中の空気や時流などを見て、ユーザーが興味を持ってくれるような情報を投げかけていくことが大事です。
 
 
 
一日に何度も新規でツイートをしていくのは手間もネタ作りも大変だというときは、リツイートを活用します。リツイートすることで、再びタイムラインに乗せることができます。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00