Column

ペソモデル(PESO model)とは?【広報、マーケティング担当者は必見】

|
  • 戦略PR/広報

 

 

「PESO(ペソ)メディア」とは?

アメリカのIT系情報サイト「CNET」で2009年に発表された「マルチメディア2.0」という論文があります。
 
その中に記載された新たなマーケティングの概念「トリプルメディア」は世間から大きな注目を集め、発表後、急速的に世の中に広まりました。
 
 
トリプルメディアとは、
 
アーンドメディア(Earned Media)
・ペイドメディア(Paid Media)
・オウンドメディア(Owned Media)
 
の3つを指します。
 
 
日本語では「(評判や信用を)得るメディア」「買うメディア」「所有するメディア」と訳されるもので、これら3つのメディアを連動させて、企業活動をデザインするというマーケティング手法です。
 
今回は、トリプルメディアの中の「アーンドメディア」に着目して話をします。
 
アーンドメディアとは、FacebookやTwitterなどのSNS、ブログ、または無料で取り上げられるマス媒体(新聞やテレビなど)の記事を指します。
 
 
これらは基本的に「企業がコントロールすることができない第三者による発信」という性質があります。
 
Webマーケティングが現れる以前は、企業がテレビや新聞の枠を購入し、ユーザーに対して一方的に情報を伝える方法が一般的でしたが、ソーシャルメディア全盛の現在は、この“第三者による発信”が大きな影響力をもつようになりました。
 
 
いわゆる「クチコミ」です。
 
ユーザー主導の情報発信によって、これまでは結びつくことのなかったユーザーが結びつき、クチコミの内容次第で、企業の良い評判も悪い評判も一瞬で広まる時代です。
 
企業にとっては情報の中身を直接コントロールすることができないアーンドメディアですが、この影響力は無視することができません。
 
そこで行われているのが「アーンドメディア戦略」で、主に次のようなものがあります。
 
 
<良いクチコミが生まれるための情報提供を行う>
 
マスメディアや影響力のあるソーシャルメディアに対して定期的に情報を提供し、企業の良い面を取り上げてもらう。
 
また、一般消費者に信頼されているブロガーやSNSユーザーにアプローチをかける。
 
 
<ユーザーの声に耳を傾けて、活用する>
 
消費者の素直な声が集まるアーンドメディアには商品の改良点やアピールポイントが含まれている可能性も少なくない。
 
そのニーズに応えることで、「顧客をファン化する」という流れをつくる。
 
 
ちなみに、近年は「トリプルメディア」をさらに進化させた「PESO(ペソ)メディア」という考え方が広まっていて、新たにシェアードメディア(Shared Media)が加わりました。
 
そこでは、パブリシティはアーンドメディア、ブログやSNSはシェアードメディアに分類されています。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00