Column

ランディングページ(LP)とは?ポイントまとめ【PR,広報担当 必見】

|
  • データビジュアライズ

 

ランディングページで重要なこととは?
ランディングページとは、web広告やリンクをクリックして遷移した先にある、サイトを含むwebページ全般を指します。LPと呼ばれることもあります。
 
一般的に、商品やサービスを売るための、一枚の長いwebページであることが多いです。
 
ランディングページの要素は、大きく5つに分かれ、ファーストビュー、アクションボタン、商品・サービス説明、効果効能、お客様の声となります。
 
ファーストビューとは、ユーザーがwebページにアクセスした時、最初に目に入る画面の範囲の事です。
 
ユーザーはそのページが自分にとって必要なページであるかどうか、3秒以内に判断するといわれており、ページを読み進めるか、離脱するかは、このファーストビューに、ユーザーの求める情報があるかどうかで決まります。
 
ですから、ファーストビューには、キャッチコピーやメインビジュアル、価値をアピールするための数字やロゴを入れ、興味を持たせることが重要です。
 
 
アクション導線とは、購入や資料請求等、目的のアクションを促す場所です。
 
最初から購入するつもりで流入してきた人のために、ファーストビューへの挿入と、ページを読み進め、商品理解が深まり、購入意欲が高まった状態の最後の部分にも、挿入し、アクションを促す必要があります。
 
 
商品・サービス説明では、その商品の特徴をユーザーに訴求します。
 
そして、効果や効能を伝え、その商品がユーザーにどのような影響を与えるのかを訴求し、徐々に商品理解を深めます。
 
お客様の声では、商品理解は深まっていますが、すぐにアクションしないユーザーを第三者の「口コミ」で安心させます。
 
自分以外のユーザーが実際に使用した感想は、信憑性があればあるほどユーザーにプラスの印象を与えます。
 
ランディングページは、上記のように、ユーザーのアクション(購入や資料請求)を助長する構成になっていることを意識しましょう。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00