Column

今さら聞けない ペイドメディア戦略の基本とは?【PR,広報担当 必見】

|
  • データビジュアライズ

 

オウンドメディアでもアーンドメディアでも、リーチできない層にリーチすることできる、ペイドメディア

ペイドメディアとは、企業が費用を支払って広告を掲載する従来型のメディアのことを指します。
 
 
 主に、テレビ、新聞、雑誌、ラジオの4マス広告やweb広告、イベントなどのスポンサーシップ等がここに分類され、オウンドメディアやアーンドメディアに見込み客を誘導する役割を担います。
 
 
 ペイドメディアでは、今までに説明をしてきたオウンドメディアでも、アーンドメディアでも、リーチできない層にリーチすることが可能です。
 
自社の商品やサービスの存在を認知していないが、興味関心を持つ潜在顧客との接点をつくり、認知させることを得意とします。
 
 
 企業が広告の「枠」を購入し,消費者へ情報発信を行うメディアで、費用を多くかけるほど、多くの消費者にリーチさせることができます。
 
 一方で、ペイドメディアは、消費者とのコミュニケーションが、発信のみと一方通行になりがちといわれます。
 
ペイドメディアを活用して消費者にリーチし、その後、オウンドメディアやアーンドメディアと上手く連携をすることで、効果を最大化することができます。
 
 
 
 また、近年、4マス広告と比較し、コストが安く、ターゲット選定がしやすいweb広告の活用が増えています。
 
 インターネット使用者の増加に伴い,消費者の動向がwebにシフトし、新聞や雑誌などの紙媒体の購読率が低下していることもweb広告の使用増加を後押ししています。
 
 
スマートフォンの普及に伴い、ますます消費者とインターネットとの接触時間が長くなる現代において、更にweb広告の有効的な活用が重要になってきます。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00