Column

コンテンツマーケティングで使ってみたいインフォグラフィックとは?

|
  • データビジュアライズ

コンテンツマーケティングの競争が激化する中、動画やプレゼンテーション資料(スライド)を活用しているメディアが増えています。また、記事の中で画像をうまく活用してコンテンツを見やすくしようと工夫しているところもあります。そこで今回は、コンテンツマーケティングで使ってみたい「インフォグラフィック」についてご紹介します。

インフォグラフィックとは?

インフォグラフィックは、情報、データをグラフィックで表現したものです。これまで、新聞や雑誌の解説図、地図や標識、学校の教科書などに使われていたのですが2011年あたりからWebマーケティング、WEB上の後方視作として一般企業がインフォグラフィックを発表するケースが増加しました。

インフォグラフィックを見たことがないという方は、世界最大級のインフォグラフィック&ビジュアルコミュニケーションプラットフォーム『infogra.me』の人気ランキングにランクインしたインフォグラフィックを確認してみてください。

複雑な情報が一目で簡単に理解できる

インフォグラフィックを使うことで、多くの複雑な情報をより分かりやすく整理し、「ビジュアル」化して、ターゲットに届けることができます。文章で伝えようとすると、難しくなってしまうような固い内容でも、インフォグラフィックにして、グラフやイラストを使いながら楽しく伝えることで、より多くの人に見てもらえるチャンスとなります。また、数字を並べても、その違いを理解するのが難しい場合も、グラフにすれば一目でその差を把握することができます。

わかりやすいから読みたくなる

インフォグラフィックをコンテンツマーケティングに活用することで、わかりやすいコンテンツを提供することができます。記事と一緒にインフォグラフィックを掲載するだけでも、コンテンツの理解度は全く変わってくるでしょう。コンテンツマーケティングでインフォグラフィックを活用している企業が少ないからこそ、今使っておくことで他社との差別化ができるのです。

インフォグラフィックを使ってみよう

インフォグラフィックを活用して、コンテンツを作る方法は2パターンあります。まずは、すでにあるインフォグラフィックを引用させてもらい、それについての記事を書くというパターン。ただし、著作権などの問題もあるので、使用時には参照元のURLを掲載し、必要に応じて制作者に許可を取るようにしましょう。

次に、自社でオリジナルのインフォグラフィックを制作して、掲載する方法です。一度、インフォグラフィックを作成すれば、コンテンツマーケティングの他にも、営業先の資料やパンフレットに掲載することもできます。『infogra.me』でも、制作を受け付けているので、検討してみてはいかがでしょうか。

インフォグラフィックで一味違ったコンテンツマーケティングを

コンテンツマーケティングを盛り上げるためのスパイスになってくれる「インフォグラフィック」。カラフルなグラフとイラストで飾られた絵は、見るだけで楽しさが伝わってきます。インフォグラフィックをコンテンツマーケティングに活用して、他社の差別化を図りながら、自社メディアに味をつけてみてはいかがでしょうか。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00