Column

リピーターを増やす方法!既存客へ向けたコンテンツマーケティング3つのポイント

|
  • データビジュアライズ

コンテンツマーケティングは、見込み客を獲得するだけのものではなりません。既存客へ向けてもコンテンツマーケティングを行っていくことで、既存客をロイヤルカスタマーへと育て、リピーターを増やすことができます。
今回は、既存客向けのコンテンツマーケティングのポイントを3つご紹介します。

1.サービス・商品の活用法を紹介する

自社のブログでは、見込み客のみならず既存客を意識して「サービス・商品の活用法」を紹介してみましょう。そうすることで、既存客からのアクセスが集まり、何度も自社のサイトに訪れてくれるようになります。また、既存客向けのステップメールを作成して、メールの中で「こんな商品を活用方法もありますよ」と自社ブログのリンクを貼っておけば、アクセス数を増やすことができます。

自社のサイトに訪れるたびに新商品や、アップセルにつながる商品情報を目にすることで、リピーターとなってくれる可能性が高まるでしょう。

2.既存客向けのコンテンツメディアを用意する

既存客へは「サポートフォーラム」という形で、会員制のコンテンツメディアを用意することをおすすめします。サポートフォーラムでは、購入時に発行されるIDとパスワードを使ってログインし、購入者が誰でも気軽に質問でき、なおかつ誰でもその質問と回答のやりとりを見られるようにします。既存客限定として、サポートフォーラムで動画や音声などを配信することもできます。

また、自社が取り扱う商品やサービスによっては、購入者同士が交流できるようにすると、さらにサポートフォーラムを盛り上げることができます。

3.アップセルにつなげる商品・サービスの事例紹介

既存客をリピーターにするためには、具体的に次に何を売りたいのかを明確にすることが大切です。その商品が決まったら、事例を紹介し「お客様の声」としてサポートフォーラムもしくは、自社メディアで紹介するようにしましょう。お客様の声として紹介することで、宣伝とはまた違った角度で商品・サービスの良さを伝えることができます。

既存客が読んだときに印象に残りやすいように、最初はこのサービスと使っていたが、これに切り替えた(アップセルをした)ことで、さらに売り上げが伸びたなどアピールすると効果的でしょう。

既存客をリピーターにできるかが勝負

今持っている既存客をリピーターに変えることで、新規顧客を見つけなくても売り上げを一定に保つことができます。つまり、新規顧客の獲得と同様に、リピーターを育てるコンテンツマーケティングが重要となるのです。今回ご紹介した3つのポイントを意識して、さっそく既存客向けのコンテンツマーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00