Column

初心者がライティングスキルをアップさせるためにやるべき4つのこと

|
  • データビジュアライズ

コンテンツマーケティングのライターとして、よりよいコンテンツメディアにしていくためにはライターのスキルを向上させることが重要となります。今回は、初心者がライティングスキルをアップさせるためにやるべき4つのことをご紹介いたします。

1.毎日書く

プロのライターは「毎日書く」習慣を持っている人が多いものです。毎日文章を書くことで「書く」ことが当たり前になり、自然にできるようになるからです。もしあなたがライターを本業としていなくても、文章力を向上させるためには毎日書くことをおすすめします。机に向かって書く時間がないという人は、通勤途中に電車の中で、スマートフォンを使うなどして工夫してみてください。

2.うまい文章を真似する

文章を書くのが得意なライターも、最初から「うまい文章」が書けたわけではありません。ライターに共通しているのは、本を読むのが好きな人が多いことです。本やWebサイトでたくさん良い文章に触れることで、表現力や語彙力が身に付くからです。「こんな風に書けるようになりたい!」というライターを見つけたら、その人の記事を片っ端から読んでみてください。そうすることで、そこで使われている言葉を、自分のものとして使うことができるようになるでしょう。

3.文章の型を知る

文章には、わかりやすく伝えるための型があります。読みやすく伝えるための型を守ることで、初心者でも一定のクオリティーを保つ記事を書くことができます。真っ白な状態から「どうやって書けばいいのだろう?」と頭を悩ませるのではなく、伝えたいゴールから逆算して、理由を1つずつ伝えていきましょう。文章は論理的であるほど、読み手を納得させることができます。特にビジネス向けの文章は、相手を納得させられるだけのポイントを押さえているかが重要となるのです。

4.キーワードを意識する

Webライティングで意識するべきことに「キーワード」があります。キーワードを意識することで、SEO対策となるからです。SEOとは、ユーザーが検索をしたときに上位表示をさせるための対策のこと。検索されやすいキーワードをタイトルや本文にうまく取り入れることで、検索結果にヒットしやすくなるのです。読みやすい文章にするだけではなく、SEOにも有利な文章が書けるようになるとWebライターとして本領を発揮することができるでしょう。

意識できることが第一歩

今回ご紹介した4つのポイントを参考に、毎日少しずつ文章を書きながらライティングのスキルアップができるように取り組んでみてください。うまく伝えるためのポイントを意識し、練習を重ねることで、相手に伝わりやすい文章が書けるようになるでしょう。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00