Column

コンテンツマーケティングを進めるうえでやっておきたい6つの基本ポイント

|
  • データビジュアライズ

コンテンツマーケティングで成果をあげているメディアほど、基本的なポイントを忠実に守り実行しています。コンテンツマーケティングを進めるにあたり、守るべき基本ポイントが6つあります。Webマーケティングの最新のツールや話題の手法を取り入れるよりも、まずはこの6つがきちんとできているか確認してみてはいかがでしょうか。

コンテンツマーケティングで守りたい6つの基本ポイント

1.ゴールを設定する

コンテンツマーケティングメディアをはじめる際には、「何を達成したいのか」を明確にしましょう。
はじめてコンテンツマーケティングに取り組む場合、目標を数値化するは難しいものですが、やみくもに始めるよりも、目指したいゴールがあることでやるべきことが具体的になります。

2.ターゲットを明確にする

コンテンツマーケティングのゴールを設定したら、次に「そのゴールを誰に届けたいのか?」を明確にしましょう。 呼び込みたいターゲット像が明確になっていなければ、コンテンツの内容にバラつきが出てしまいます。 ターゲットの目線になり、彼らに喜ばれるコンテンツを考えていきましょう。

3.記事ネタとコンテンツの質を高める

コンテンツのPV数を集めるだけなら、押したくなるタイトルだけ考えればいいのかもしれません。
しかし、記事を読んだユーザーが自社へ問い合わせをしたくなるようにするためには、内容の濃い記事を書いていく必要があります。
定期的に会議を開きながら、記事のネタを考え、コンテンツの質の向上を目指しましょう。

4.ソーシャルメディアでユーザーと交流する

コンテンツメディアから記事を配信だけでは、一方通行になってしまいます。Facebookなどのソーシャルメディア立ち上げ、ユーザーと交流しましょう。
また、ソーシャルメディアを使うことで、検索エンジン以外からもアクセスを集めることができます。
記事がシェアされやすいように、ソーシャルメディアのボタンを置くことも忘れてはいけません。

5.定期的に配信する仕組みを作る

一度コンテンツマーケティングを始めたら、定期的に配信していくことが大切です。
配信が不定期で、古い記事だけしかないメディアは、イメージダウンになってしまいます。
そうならないようにするためには、準備段階で記事をうまく配信する仕組みを考えておくことが大切です。

6.CTA(Call To Action)を設置して成約につなげる

コンテンツマーケティングは、記事を配信しているだけではその効果はいつまでも見込めません。記事を読み、自社に興味を持ったユーザーが問い合わせや資料請求といった行動を起こせるように、適切なCTA(Call To Action)ボタンを置くことが重要となります。しかし、成約につなげようと焦るのではなく、恒常的な記事更新でファン化し、その後、まずはメルマガ登録やソーシャル登録など、小さいステップを踏んでもらうように設計していきましょう。

基本を押さえて結果を出していこう

今回ご紹介したコンテンツマーケティングの基本ポイントがしっかり押さえられているメディアは、コンテンツが溜まってくるとマーケティングとして機能してきます。基本をすっとばしてあらゆることに手を出そうとするのではなく、最低限のポイントをしっかり押さえた上でコンテンツマーケティングを進めていきましょう。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00