Column

広報・PRと広告の違いとは!?手法【広告業界、マーケティング業界ならしらないとまずい】

|
  • 戦略PR/広報

広報・PRと広告の違いとは!?手法【広告業界、マーケティング業界ならしらないとまずい】

広告とは、テレビや新聞、インターネットなどの媒体を料金を支払って使用し、企業や商品を広く伝えることです。伝えたいこと、アピールしたいことは企業で決めることができ、その期間や時期も企業側が決定できます。そのため、広く伝わりやすい一方で、企業からの一方的な情報となってしまうため必ずしも消費者にとって魅力的な内容になっているとは限りません。そうなると、情報は一時的なものになってしまい、持続力がありません。ただし、興味を持たない消費者にとっても目や耳につきやすいので、広告という言葉が表すように「広く告げる」ことを目的とするには良い手法です。

広報やPRも、広告と同じようにとらえられることがありますが、手法が異なります。広報やPRを行う場合は、メディアに料金を支払って枠をとるのではなく、メディアに取り上げてもらって消費者に広く伝える方法をとります。価値ある情報、魅力ある情報を企業のホームページなどで発信することで、メディアに取り上げられます。そうすると、企業の一方的な情報とは違い、客観性が出ますので信用性や説得力が高まります。

一方で、メディアが取り上げてくれるかどうかはメディア側に委ねられます。また、いつ、どんな方法で取り上げられるかもメディア側に委ねられるため、企業はそこを考えて広報活動を行わなければなりません。 双方のメリット、デメリットはそれぞれあり、補足し合う関係となっています。しかし、商品そのものの良さだけでなく、企業理念、CSR活動、事故に対する危機管理や情報公開などにも消費者は関心を持っており、信頼できる企業が求められています。そのため、広報の重要性が高まっていると言うことができます。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00