ゴールドアイピーとカーツメディアワークスが海外事業で業務提携PR会社~カーツメディアワークス

ゴールドアイピーとカーツメディアワークスが海外事業で業務提携

2017/04/06

(株)ゴールドアイピー、海外向けPRプラットフォーム「Global PR wire」
展開する(株)カーツメディアワークスと業務提携 
~AI を活用したリーガルテクノロジー・知的財産サービスを海外向けに拡大~

 リーガルテクノロジーを用いた知的財産関連 IT 企業の株式会社ゴールドアイピー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白坂一、以下ゴールドアイピー)は3月3日付けにて未来創生ファンド(※1)他 3 社のベンチャーキャピタルより1億2800万円の資金を調達し、この度業務拡大に向けて、海外向け PR プラットフォーム「Global PR wire(グローバルピーアールワイヤー)」を運営する株式会社カーツメディアワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村上崇 以下KMW)と4月3日(月)、業務提携を締結致しましたのでお知らせ致します。


ゴールドアイピーは「日本発のイノベーションを届けよう世界へ!」という信念をもって、海外での知的財産の取得、人工知能を用いた知的財産の活用サポートの提案を行っております。一方、KMWは広報およびデジタルマーケティング技術を用いて「伝えよう、世界へ(Spread your story)」という理念の元、海外向けプレスリリース配信および海外向けマーケティングサービスを提供して参りました。

この度、両者の理念および業務の方向性が一致、大きなシナジー効果が期待できる点などにより業務提携締結に至りました。


【業務提携について】

この度の業務提携により、海外において特許出願・リサーチなどIP管理業務が必要な企業と海外への広報活動および海外プロモーションを実施したい企業を相互で紹介。海外へのプロモーションから特許出願・管理まで一貫してご提供できるように目指します。


【株式会社ゴールドアイピーについて】

ゴールドアイピーは3月3日(金)に(※1)未来創生ファンド(スパークス・グループ株式会社を運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を主要投資家とする 17 社の出資で運用)、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社および三生キャピタル株式会社から、12,800万円の資金を調達。今後、海外への特許出願を望む企業と、海外の弁護士・弁理士を直接結びつける日本初のコミュニケーションサービス「アイピーダイレクト」の開発・提供、人工知能(AI)を用いた知財価値評価システムのサービスの提供、AIを搭載した法律ロボット「リーガロボ」の提供を加速させて参ります。


 ◆株式会社ゴールドアイピー

代表取締役社長 :白坂 一 

会社設立 :2015911

所在地::東京都千代田区丸の内 1-5-新丸の内ビルディング EGG JAPAN

事業内容 :知的財産関連 IT・分析サービスの提供


【代表取締役社長 白坂 一(しらさかはじめ)の略歴】
防衛大学校 理工学部卒業。阪神大震災をきっかけに入校、厳しい訓練を受け、軍事戦略を学び、知財戦略と軍事戦略の融合により日本の技術を守ることを志す。その後、横浜国立大学院 環境情報学府メディア環境学専攻にて、
AI技術による画像処理の研究を行い、修了。

富士フイルム株式会社 知的財産本部に在籍し、知的財産の創出・取得・活用業務に従事し、東日本大震災後、すぐに白坂国際特許事務所(現特許業務法人白坂)を設立。米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を経て、2015年 株式会社ゴールドアイピーを設立。