ダッシュボード構築ならカーツメディアワークス

ダッシュボード構築

ダッシュボードとは?

ダッシュボードと聞いて、まず頭に浮かぶのは車の運転席にある計器類をイメージされるのではないでしょうか。
車のダッシュボードは、その時点におけるスピードや走行距離、残り燃料などの情報をドライバーに伝え、安全に走行するための判断を促します。
当社が提供するダッシュボード構築サービスも、「会社」を安全に運転するためにひと目でわかりすくデータを伝えることを大切にしています。
経営者、マネージャー、マーケター、アナリスト、営業、企業には様々な役割の人が働いているので、見て頂く分析データもそれぞれの役割に合わせてカスタマイズしなければいけません。
当社のダッシュボード構築は特に「経営」「マーケティング」「顧客管理」などを得意としており、BIツールを駆使してデータをマクロ・ミクロの視点からまとめて伝え、簡単に分析でき意思決定をするツールとして提供しています。


マーケティングダッシュボードで包括的なデータを把握し、「意思決定」を促す

現在、メディア、デバイス(端末)のフラグメンテーション(細分化・断片化・分散化)に伴い、抽出できるマーケティングデータも大幅に増えています。
そんな中、より正確に消費者の動向、心理を捉え、適した分析を実行し、それに適したコミュニケーション施策が必要になってきます。


また、企業内には部署、商品、サービスなど機能別、レベル別にKPIや分析条件があります。経営層がみるべきデータとチームレベルで見るデータが同じなわけがありません。

カーツメディアワークスではこのような企業内コミュニケーションも考慮したダッシュボード構築をモットーとしており部署、チーム内担当などは、詳細データを追いかけるダッシュボードを用意し、更にそれぞれのダッシュボードの内容を集約し、要点のみを表示した経営陣向けのダッシュボードが必要だと考えていす。

経営層が確認するべき(計画している)KPIをそれぞれ「部署別」「商品毎」「サービス毎」に落とし込み、リアルタイムで状況を把握して「意思決定」を可能にします。


Tableauで構築するダッシュボード

現在、多くの企業でマーケティング分析ツールとして活用されているTableau。グラフィックやインタラクティブ性に優れており、時系列再生、フィルタリング、エリアマッピングなど、多彩な機能を搭載している上に安価に導入可能です。

当社ではこのTableauを軸とし、お客様のご要望に合わせてオーダーメイドでダッシュボードを構築します。
ご相談の中で最も多いのがこのTableauを使いダッシュボードのリデザイン(再設計)というものです。
今まで使っていたダッシュボードは表現が専門的すぎて分かりづらい、1つのボードのなかに情報を詰め込みすぎて見づらい、運用にあたり使いづらいといった課題に対し多くのご提案をさせていただいております。
また定型レポートの自動化を目指し、お客様のフォーマットのデザインでダッシュボードを組み、週次または月次の報告などでご活用頂くことも可能です。


当社はインフォグラフィック・データビジュアライゼーション制作の専門チームを要し、200以上あるインフォグラフィック、
データビジュアライゼーション制作の知見を活かし、情報表現やUI/UXを重視したTableauでのダッシュボードをご提供しております。お気軽にご相談ください。


PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627