Column

Facebook:2019年の4つのプライオリティ

|
  • デジタルマーケティング

Facebook2018年第4四半期の決算を発表収入と成長に関するデータを公表。マーク・ザッカーバーグは投資家向けのコメントのなかで2019年のロードマップについても詳しく発表しました。

 

2018年はFacebookにとって騒々しい1年ではありましたが、世間からのネガティヴな注目はユーザー数や収入の増加には悪影響を与えなかったようです。ザッカーバーグによると、収入は2018年第3四半期の137億ドルから169.1 億ドルへと増収。201812月のデイリー・アクティブ・ユーザー(DAU)数は152千人を数え、2017年に比べて9パーセントの増加となりました。また、月間アクティブ・ユーザー数は201812月の時点で232千人。昨年前半のスキャンダルにもかかわらず、人々は依然としてFacebookを利用しているということが示されました。

 

もうひとつの興味深いデータは同社の広告収入の93%が携帯端末からのものであるということ。2017年第4四半期の89%からアップしており、広告戦略においてはモバイル・ユーザーがより重視されるべきであると言えるでしょう。

 

ザッカーバーグは2019年の計画とともに、プライオリティについても発表。彼は「最大の社会問題にフォーカスするため、会社の運営方法を含めて根本的に改革を行いました。そして我が社は人々をつなぐためにワクワクする新しい方法を構築するために今後も投資を続けていきます」とコメントしました。

 

ここでは、ザッカーバーグが述べたFacebook2019年における4つのプライオリティについてご紹介します。

 

 

  1. 社会問題への積極的な取り組み

最初のプライオリティは、インターネット業界として主要な社会的問題によりコミットしていくというもの。有害なコンテンツを事前に察知、特定するためのシステム改善を進めています。

 

マーク・ザッカーバーグは自社が世界でもっとも先進的なシステムを所有している一社であることを誇りにするとともに、3万人を超えるスタッフがユーザーの安全・安心のために働いていることを強調。これまでに実施した具体的な施策としては、意図的な誤報をストップするためにWhatsAppのエンゲージメントをあえて減らしたこと、そして心理的な健全性に配慮してバイラル動画を15,000時間までに削減するようにしたことなどが報告されました。

 

さらに、同社はプライバシーやデータの暗号化についても取り組んでおり、世界でもっとも強力な暗号化メッセージ・サービスを構築しようとしています。プライバシーへの意識を高めるユーザーのために、エンド・トゥ・エンドのレベルで暗号化されたサービスを生み出すなどさまざまな取り組みを続けています。

 

 

  1. より大きな改善のために新たなエクスペリエンスを提供

Facebookは人々の暮らしをより良く改善していくための新たなエクスペリエンスをもたらしたいと考えています。InstagramStoriesがその代表的な例で、InstagramDAU4億人に到達してから半年というタイミングで、Storiesのデイリー・ユーザー数は瞬く間に5億人を突破。

 

ザッカーバーグが触れた新しいエクスペリエンスには以下のようなトピックが含まれています:

  • メッセージングが主要なエクスペリエンスに成長していることを受けて、WhatsAppにおいてはより多くの国でアプリ決済を導入。
  • Facebookグループやコミュニティはさらなる深化へ。コミュニティはすでにFacebookのエクスペリエンスの中心的な位置を占めており、グループは今後友人や家族と同じくらい重要な位置付けとなると予測。
  • FacebookWatchはよりメインストリームに成長。現在は毎月4億人が利用し、毎日20分以上の時間を費やしているとのデータがあり、Facebookにとって2019年はこの機能を成長させる1年に。
  • Instagramは取引やショッピングにますますフォーカス。
  • ARVRの持つポテンシャルには大いに期待。OculusQuestはいよいよ今春にリリース予定。

 

 

  1. ビジネスの成長をサポート

Facebookのサービスを利用している小規模ビジネスは現在9,000万を超えています。その多くが無料のものを使用しており、Facebookの調査によると、Facebookを使用し始めてからビジネスを成長させることに成功し、より多くの人材を雇用できるようになりました。

 

マーク・ザッカーバーグは同社のサービスがビジネスの成長に寄与できていることを歓迎し、今後も継続して貢献していくと語っています。

 

 

  1. 同社の機能や役割の見える化を促進

最後のプライオリティはFacebookが取り組んでいること、そして同社のサービスが世界において果たしている役割についてより明確に発信していくことです。

 

マーク・ザッカーバーグが述べているように、テクノロジーのもたらすインパクトの影にはネガティヴな側面が多々あるもの。テクノロジー業界は人々の暮らしのなかで今後ますます大きな役割を演じていきますが、その動向は入念にモニタリングされるべきです。まずは批判に耳を傾け、そして自らの信念に忠実でありつつもさまざまな課題に取り組むためのベストな方法を見つけ出すこと。AIの活用やコンテンツあるいはデータに関するレギュレーションの構築を含めて、世界的な脅威に取り組んでいくことを約束しました。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00