Column

カーツメディアワークスが考えるSNSマーケティングのKGI/ KPI

|
  • デジタルマーケティング

 

そもそも、企業がSNSマーケティングを検討する最大の理由は、多くの予算を使って新規顧客を狙うよりも、一人のユーザーにファンになってもらいリピート購入してもらう方が効率的であると考えられるようになったからです。

SNSを運用することで最も大きな効果が得られるのは、「ファンの育成」や「ユーザーとのエンゲージメント強化」であることを忘れてはいけません。

この情報過多な時代に、企業と消費者が「双方向コミュニケーション」を図るためにはSNSは絶好のツールであり、ユーザーにより「興味・関心」を持ってもらうために多くの接点を持ち、より深く企業やブランドについて理解してもらうことでエンゲージメントを高めていくことが大変重要だからです。

カーツメディアワークスでは、「SNSの運用によってどのくらいユーザーとのエンゲージメントを強化できたか」に大きく焦点を当てたKGIKPIの設定をご提案しています。

具体的には、SNSのツールで測定可能な数値の他に、

・ソーシャルリスニング

・ファンサーベイ

による効果測定をご提案いたします。

 

「ソーシャルリスニング」では、

自社の商品やサービスがSNS上でどのようにつぶやかれているのかなど、生の声としを拾って評価や評判を収集し、分析を行います。

さらに、競合の評価、評判はどうなっているか、競合との差をどこにあるかなども明確にしていきます。

また、いわゆる「クチコミ数」を増やすことも指標に設定し、ポジティブなクチコミを増やすことを目指します。

 

「ファンサーベイ」は、

エンゲージメント率では測れない、実際のユーザーの態度変容を調査するサービスです。対象者にアンケートを実施し、サービスに対しての好感度や購入意向にどのような変化があったかを数値化していきます。

たとえば、Facebookの運用を新たにスタートした場合、実際にFacebookでコミュニケーションを取ったユーザーと取っていないユーザーの「好感度」を調査し比較します。

SNSを通じてブランドや商品への気持ちがどう変化したか?」

などの質問を入れると、

SNSが顧客育成や商品の購入に検討しているかを検証することも可能です。

「ファンサーベイ」は、予算、時間ともに必要な調査となるので、半年または1年のペースで定期的に実施するのがおすすめです。

「ソーシャルリスニング」や「ファンサーベイ」はまだまだ着手していない会社が多い中、カーツメディアワークスではこれらを使ってしっかりとしたKGIの設定と効果測定を行っています。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00