Column

報道連鎖を起こす情報伝播設計

|
  • デジタルマーケティング

 

報道連鎖とは、報道が報道を呼び、情報が好サイクルに伝わっていくことを言います。この報道連鎖の性質をうまく利用すれば、企業メッセージを世間に広く伝えることができます。

さらに報道連鎖の特徴は、最初はゆっくりでも、一度スピードになるとどんどん話題や報道が大きくなることです。

前述した通り、Webメディアで取り上げられたことをきっかけにSNS上で話題となり情報が拡散し、結果としてテレビで報道された、というケースのように、ニュースの起点として最も大きな影響力を持っているのがWebメディアです。

Webメディアが発信するニュースやトレンドは、SNSに投稿されたりシェアされることで人々の間に一気に広まります。

すると、その話題性に目を付けたテレビ、新聞、雑誌などのマスメディアが取り上げることとなり、検索ランキングやSNS上で話題となる…という具合に、報道が報道を呼ぶ報道連鎖が生まれるというわけです。

今の時代、テレビや新聞などマスメディアの現場では、Webニュースメディア、ソーシャルメディアで話題になっているネタをリサーチして報道ネタを見つけることが多く、特にテレビ業界ではその傾向が顕著です。

そこで、情報設計の段階から報道連鎖を意図して、テレビネタとして採用されやすい情報に加工しておくことが重要となります。

PRを熟知している(株)カーツメディアワークスでは、報道連鎖を意図したSNSマーケティングをご提案しています。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00