Column

イノベーター理論を広報に応用しよう

|
  • 戦略PR/広報

 

「新しいこと」に対するスピードや態度を示したのが「イノベーター理論」です。スピード順に5つの階層に構築されています。

イノベーター理論

イノベーター(Innovators:革新者)

 冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用層)

 流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。

 アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随層)

 比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随層)

 比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

ラガード(Laggards:遅滞層)

最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。

 

前述した「あることの理解」とはまさに「イノベーター理論」のことであり、これを理解していくだけでPR戦略はより精度があがります。

近年、企業はソーシャルメディアやオウンドメディアを介して情報発信することで、消費者に直接情報を届けられる時代となり、情報伝播のスピードと流れは大きく変化してきました。

マスメディアしかなかった時代は、「服なら雑誌」「ニュースは新聞かテレビ」「バラエティはテレビ」と情報ごとにメディアは限定され、スピードも遅かったわけです。しかし、Webとスマホが大きく変えました。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00