Column

マーケティングにおける3つのフェーズと最もすべき事

|
  • 海外PR/マーケティング

 

たとえ30%のマイナス要素があったとしても、そこに信頼性があればプラス要素が70%しかなくともそちらを重視するはずです。
 
このフェーズでは、消費者が具体的にどのような情報や対応に親近感を持つか、それにはどのようなツールが適切なのかに重点を置いた施策を考えてみましょう。
 
 
【フェーズ3】消費者に印象づける他社商品との違い
 
最後のフェーズでは、消費者に購入という行動を起こさせるための決め手が必要となります。
商品やサービスの内容によってアピールするポイントは違ってきますが、例えば他社の商品とはどこが違うのか、購入の際の特典や購入後のアフターフォローはどんな内容か、自社の理念がどんな人にマッチしているのかといったことが挙げられます。
 
なかでも他社の商品と比較して、そこで差別化を図ることは、売り手にとってはアピールしやすく消費者にとっても判断材料にしやすいため、最も購入の決め手となりやすいでしょう。
購入への最後のひと押しとなると、どうしても自社の商品の良い点ばかりをアピールすることに注力しがちですが、そもそも商品やサービスを開発するにあたり他社の商品を研究・分析していることがほとんどですので、改めて他社商品との違いを明確にし、様々な角度から冷静に自社商品の情報を伝えてみましょう。
 
また、このフェーズで商品やサービスの購入に至らなかったとしても、フェーズ2の段階まで消費者を引き寄せたのであれば、今後タイミングが合ったり、消費者に商品の情報を印象づけておくことで購入へ導くことができるかもしれません。
このフェーズでは、他社商品との違いに重点を置き、消費者に商品を印象づけることができる施策を考えてみましょう。
 
 
フェーズに合った施策と需要が高まる
マーケティング戦略を
 
効率よくマーケティング戦略を行うには、自社の商品やサービスをただやみくもにPRするのではなく、現時点で自社の商品やサービスにどれくらいの認知度があるのか、また、消費者(顧客)がどのフェーズにあるのかを理解し、フェーズに合った施策を行なうことが重要です。
 
また、モノが売れない現代において、今後はモノを売ることに重点を置いたマーケティング戦略だけでなく、自社の商品の需要が高まるような、ニーズを作り出す長期のマーケティング戦略を検討する必要もあるでしょう。
 
 
執筆者:マーケティング部

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00