Column

twitterの企業活用での注意点【失敗例に注意】

|
  • 戦略PR/広報
実名・匿名どちらでも利用可能。10代20代の利用者が多く、速報性に優れる
Twitterの特徴は、140文字以内という字数制限があることでした。しかし、この点については制限が解除され、最大1万文字までツイートが可能になりました。
 
 Facebookが実名のみでの利用であったのに対し、Twitterは匿名でもアカウントが作れます。
 
 
匿名性にはメリットとデメリットがあります。
 
まずメリットとしては、気軽に呟いたり、知らない人の呟きにリツイートがしやすく、情報の拡散力とスピードが絶大です。
 
スマホ世代の10代20代ユーザーが多いことも、情報が広がりやすい原因の一つです。
また、匿名性という点を利用して、いわゆる「中の人」のキャラクター設定をつくり、ゆるい呟きや性格特徴が見える呟きで人気になっている企業も多く見られます。
 
 
匿名性のデメリットとしては、無責任に情報を流したり、嘘の情報を流したりするユーザーが一部にいて、情報の信頼性が劣ることです。
炎上やなりすましの問題も起きやすくなっています。
 
 
もう1つの特徴として、ユーザー同士の垣根が低く、企業側からもユーザーをフォローしていきやすい点があります。
 
リツイートしたり、キーワード検索で自社について書かれたツイートを探したり、@tweetでユーザーの疑問に答えたりなどができます。ハッシュタグをつけておくと、同じイベントの参加者や同じ嗜好性を持つ人の様々な意見を閲覧しやすくなります。
 
 
 Twitterでは、みんなが頻繁にツイートをします。タイムライン上でツイートがどんどん流れていってしまうため、マーケティングに活用するためには、投稿回数やタイミングの工夫をしていくことになります。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00