Column

メディア掲載の方法~PR会社のやり方を公開~ アンケート調査型プレスリリース編

|
  • その他

アンケート調査型プレスリリースを活用する

「アンケート調査型プレスリリース」は、ユーザーに対して自社商品やサービスに関連するテーマをもとにイメージ調査を行い、その集計結果をメディア掲載に繋げるという広報テクニックの1つです。
 
 
 仮に、御社がテーマパークやキャンプ場などのプレイスポットを紹介するサイトを運営しているとします。
 
その際、たとえばユーザーに対して、「夏休みに遊びに行きたいところは?」という質問内容でアンケートを取り、結果をランキング形式でまとめてプレスリリースとして情報発信を行います。
 
 
 
 各メディアはタイムリーな情報を常に求めているので、これがメディア掲載に繋がる可能性があるというわけです。
 
みなさんもネットニュースや報道機関のメディアで「〇〇社調べ」と、調査会社のクレジットが入ったデータを見たことがあると思います。
 
 この「アンケート調査型プレスリリース」を行うメリットは、「メディアに定期的な情報発信ができること」です。
 
通常、新規サービスやイベントがない時期はプレスリリースに掲載する情報もないため、メディアに対する情報発信が疎かになりがちです。
 
しかし、アンケート調査型であれば、発信者がスケジュール管理をしながら、定期的に発信することが可能になります。
 
 
 
実施する際のポイントが5点あるので、簡単に下記にまとめます。
 
 
①狙うメディアを明確にする!
 メディアと一言でいっても、ビジネス系、エンタメ系など、さまざまなものがあります。「まずはどのメディアに拾ってもらいたいか」を明確にしましょう。そのメディアが欲しがる情報から、質問を逆算的に作成します。
 
 
②ユーザーへの質問は選択式にする!
 メディアが拾いたくなる質問ができたとしても、ユーザーからの回答数が少なかったら「データ」として成立しません。回答数を増やすために、簡単に回答できる「選択式」を中心に構成しましょう。
 
 
③キーワードを練る!
 質問内容に「季節性」が絡んでいると、メディアは拾いやすくなります。バレンタイン、ゴールデンウィーク、夏休み、紅葉、クリスマスなど、時期に注目しましょう。
 
 
④集計後に一工夫を加える!
 集計結果をそのままプレスリリースに載せるよりも、その結果をもとに「男女別」や「地域別」などの比較・分析があると、「ネタ」として成立し、記者や編集者の目にとまりやすくなります。このひと手間が大切です。
 
 
⑤海外メディアにも発信する!
 日本人をターゲットにした一次情報のデータは、海外メディアも積極的に展開するケースがあります。日本と海外では言語が異なるので、情報を視覚化したインフォグラフィックスにすると、掲載頻度は上がるでしょう。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00