Column

(リタゲ)リターゲティング広告とは?メリットや仕組みを解説

|
  • データビジュアライズ

「見込み客」を追跡する、リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、一度webサイトを訪問したことがあるユーザーを「見込み客」と見なして、その後の行動を追跡し、他のサイトの広告枠上でも、広告を表示させることで、再度サイト訪問を促す広告のことです。リマーケティング広告と呼ばれることもあります。
 
 
リターゲティング広告は、主にCookieと呼ばれるユーザー情報をパソコンに一時的に記録したり参照したりする機能を使用してユーザーとその行動履歴を追跡します。
 
また、追跡するだけではなく、「追いかける期間」や「追いかける人」等の細かい設定が可能です。
 
 
広告を掲載するには、ユーザーが閲覧するwebページに、リターゲティング広告のアドネットワークの掲載枠が導入されている必要がありますが、掲載枠があれば、どのwebサイトであるかを問わずに掲載されます。
 
配信方式は、CPM(インプレッション保証型)と、CPC(クリック保証型)の両方があります。
 
 
また、一般的にリターゲティング広告は、コンバージョン単価が安くなることで有名です。
一度WEBサイトに訪問している人だけに再度訴求するわけですから、興味関心を持っている可能性が高く、当然コンバージョン率も上がります。
 
 
主なリターゲティング広告の例としては、MicroAdや、criteo、Googleリマーケティング広告等があります。

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

KMW編集部

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00