Column

オウンドメディア戦略とは?オウンドメディアマーケティングの意味は?

|
  • データビジュアライズ

オウンドメディア戦略とは?オウンドメディアマーケティングの意味は?

自社で所有するオウンドメディアの代表格は、コーポレートサイト、いわゆるホームページです。
 
制作費用の低減などもあり、現在、一定規模の企業であれば、ほぼホームページを所有しているといっても過言ではありません。
 
ここで必要となるのが、単にホームページを作るだけではなく、目的に合わせ改善していく、オウンドメディア戦略です。
 
 
 
■コーポレートサイトはWEBマーケティングの母艦
 
自社の基本情報、アクセス、IRなどすべてが掲載されるコーポレートサイト(ホームページ)。
 
企業について調べようと検索したときに、まず閲覧されることが多く、他メディアで企業について知った人が、情報収集のため最終的に集まるのもホームページです。
 
 
WEBマーケティングの手法は多様化し、日々変化を遂げていますが、オウンドメディアマーケティングの基礎は、「ホームページに始まりホームページに終わる」。
 
WEBマーケティングの「母艦」としての存在感は、これからも基本的には変わらないものと思われます。
 
 
しかし、企業担当者に、ホームページを制作したきっかけを聞くと「持たないといけない気がした」「制作会社に勧められて」といった消極的なものが目立ちます。
 
「作ったはいいが、これといって効果が感じられない」という声もちらほら。
 
企業のホームページの数が膨大になり、制作するだけで何らかの効果が生まれる状況は、すでに終わりを告げています。
 
■目的を明確にし、PDCAを高速回転する
 
ここで、WEB担当者の皆様に考えてほしいことは、ホームページによる「効果があった」「なかった」という言葉が何を意味しているのか。
 
まずこれらを明確にすることが、オウンドメディア戦略、オウンドメディアマーケティングの基本となります。
 
 
ホームページの目的として「問い合わせを増やしたい」「会員を増やしたい」といったことなどが考えられます。
 
目的を明確にすると、顧客・ファンとして誰をターゲットにしているのかが具体的になっていきます。
 
それらを確定してはじめて、オウンドメディア戦略が具体的に見えてくるのです。
 
 
オウンドメディア戦略で大切なのは、ビジネスにおいて改善の基本である「PDCAサイクル」。
 
ユーザーや顧客の反応、業界の市況をリサーチし、仮説をもとに改良策を考え(Plan)、サイトをアップデート(Do)、そして効果を分析(Check)し、制作者にフィードバックし是正する(Act)というサイクルを高速回転させることが、オウンドメディアを改善、成長させるのためには必須です。
 
 

ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00