Column

バズるコンテンツ作り方 読者が読みたいコンテンツの作り方ポイント4つ

|
  • データビジュアライズ

バズるコンテンツ作り方 読者が読みたいコンテンツの作り方ポイント4つ

コンテンツマーケティングを成功させるためには、読者が求めるコンテンツを定期的に配信することが大切だと言われています。スタート時は、ネタ集めにそれほど苦労しなくても、配信コンテンツ数が増えるにつれて、コンテンツのアイディアを出すのが難しくなります。そこで今回は、読者が読みたいコンテンツの作り方を4つご紹介します。

1. ターゲットが読みそうな雑誌を見る

コンテンツメディアのターゲット像を決めたら、その人たちが読みそうな雑誌をチェックしてみましょう。出版社は最新の注目ネタを集めるプロであり、雑誌などの書籍はネタの宝庫だからです。また、雑誌で紹介されている目新しい情報を読んだ読者が、さらに詳しく知りたいからと、インターネットで調べる人も出てきます。そんなときに、自社のコンテンツメディアがヒットすれば、アクセス数を伸ばすこともできるでしょう。

2. 質問サイトを参考にする

読者がどんな悩みを持っているのか、具体的に調べたことはありますか?「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などの質問サイトに投稿されているものは、ターゲットの「生の声」であり、大変参考になるものばかりです。ターゲットがどんなことで悩んでいるのかを知ることで、その答えを紹介するためのコンテンツを書くことができます。ネタを集めるためにも、まずどんな悩みを持った人がいるのかを調べてみましょう。

3.モニターを募集して生の声を集める

自社が扱っている商品やサービスを「お試しモニター」として募集してみてはどうでしょうか?通常よりもかなり安い料金(もしくは無料)で設定し、そのかわりに利用後のアンケートの参加を条件にして、コンテンツメディアで口コミを紹介させてもらうのです。そうすることで、実際に自社の商品やサービスを利用した人の声を自社のWebサイトに載せることができます。写真付きでレビューを投稿してもらえれば、楽しさも伝わってきそうですね。

4. 自社独自のアンケート調査を行う

一昔前までは、自社でアンケート調査を行うと膨大な費用がかかりました。しかし、最近ではインターネットでセルフ型ネットリサーチを利用することで、簡単に集計がとれるようになりました。ターゲットの興味のある分野について、自社でアンケートを行いコンテンツにすれば、自社独自のオリジナルコンテンツができます。他のメディアでは紹介されていないオリジナルコンテンツを配信することは、差別化になりファンを増やすことができます。またユニークなアンケートにすることで、ソーシャルメディアでシェアされる機会も増え、盛り上がる可能性も高まるでしょう。

他と同じではつまらない

コンテンツマーケティングを競合と差別化するためには、「自社らしさ」を出すことが大切となります。競合の真似をしていても、全く同じコンテンツメディアができるだけです。今回ご紹介した4つのポイントを参考に、他にはない良さがあるコンテンツを発信できるように工夫してみてはいかがでしょうか?


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00