Column

コンテンツマーケティングから売り上げを作るCTAとは?効果の出るCTAボタン3つのポイント

|
  • データビジュアライズ

どんなに一生懸命コンテンツマーケティングに励んでいても、CTAボタン(Call To Action)がうまく設置されていないと、売り上げに繋がりにくいものです。反対にCTAボタンがしっかりと置かれていれば、アクセス数と比例して成果に繋がっていくでしょう。CTA(Call To Action)とは、訪れたユーザーが「お問い合わせ」や「メルマガ登録」などのなにかしらのアクションを起こしてもらうことをいいます。

今回は、効果の出るCTAボタンを設置し、売り上げにつなげるためのポイントを3つご紹介いたします。

1. CTAボタンは見つけやすい場所に置く

当たり前のことですが、CTAボタンを置く際に大切なのは、「どこにあるのかがすぐにわかる」ように目立つように置くことです。あからさまに大きくしたり、派手な色で装飾しても嫌がられてしまいますが、あまりに小さかったり目につきにくい場所にあると、いざ探そうと思っても見つからないという最悪の事態も起こりかねません。

「電話・メールで相談したいのに、連絡先が見当たらない」「申し込みしたいのに、どこから購入の手続きをしたらいいのかわからない」そんな理由でユーザーを逃してしまうことのないように、CTAボタンは目立つように設置しましょう。また、対象ユーザーが高齢者向きの商品であれば、電話番号を大きくしたりするなどの工夫をすることも大切です。

2. 押したくなるような仕掛けをする

目立つところにCTAボタンがあっても、そのボタンに押したくなる仕掛けがされていなければ、チャンスを逃してしまうかもしれません。自社のWebサイトに訪れたユーザーへ、メルマガ登録を促したいと考えているとしましょう。しかし、「メルマガ登録はこちら」と書いて誘導するだけでは、効果的とはいえません。

そんなときは、「メルマガ登録をすることでどんな情報が手に入るのか?」というユーザーのメリットをわかりやすく提示してみてください。「自社の売り上げが劇的にアップするセミナー動画を無料でお届け!」など、メルマガ登録をすることで得られるものをキャッチフレーズにして、CTAボタンに置いてみましょう。それが魅力的なオファーであれば、ユーザーはボタンを押してメルマガ登録をしてくれるでしょう。

3. CTAボタンを複数用意する

CTAボタンを目立たせ、押したくなるような仕掛けをしても、まだ押してもらえない。それはもしかすると、CTAボタンの数が少ないからかもしれません。ユーザーが自社に問い合わせをしたいと思ったとしましょう。そのとき、「メールで問い合わせたい」という人もいれば、「電話で話が聞きたい」「チャットで話せたらいいな」と思っている人もいるかもしれません。

資料請求にしても「郵送」もしくは「ダウンロード」という選択肢があります。このようにユーザーの希望に合わせて、複数のCTAボタンから選べるよう用意することで、ユーザーの好みに合わせて誘導しやすくなるでしょう。

親切な対応は「CTAボタン」から

CTAボタンがわかりにくいばかりに、せっかくの売り上げを逃してしまうかもしれません。そんなことがないように、今回ご紹介したCTAボタンの3つのポイントを参考にして、コンテンツマーケティングから確実に売り上げにアップにつなげられるように工夫してみてください。ユーザー目線に立った親切でわかりやすいCTAボタンは、自社のイメージアップにもつながることでしょう。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00