Column

アナログ広告もデジタルに!デジタルサイネージが創り出す未来の日本とは?

|
  • 海外PR/マーケティング

いま、ディスプレイを活用した電子データによる情報表示システム「デジタルサイネージ(電子看板)」市場が急成長を遂げています。駅や街頭で見かける機会が増えたと感じている人も多いのではないでしょうか。そんなデジタルサイネージの特徴は、従来の看板のように張り替える必要がないこと。そして、単に見せるだけではなく動画としてもプロモーションができることです。

お隣、韓国ではこのデジタルサイネージを駅に設置し、今までにない広告のプロモーションとして活用しています。

デジタルサイネージ世界一の韓国から学ぶべきこと

ソウルは、デジタルサイネージが世界一進んでいる国ともいわれています。韓国には、デジタルサイネージ大手の「Degital View」と「HANGKOO」2社があり、ソウルの地下鉄に各駅のプラットフォームの10m間隔に計200台ほど設置されています。これらは、広告を映し出すだけでなく、駅周辺の地図やお店のインフォメーション、終電情報まで見ることができます。さらに、液晶に映し出されたお店の文字を押すと、お店で利用できるクーポンがもえるという仕組みになっています。

便利な情報とお得なクーポンを提供しつつ、広告としても機能しているデジタルサイネージは、必要なコンテンツを提供して、ユーザーを集めながら宣伝につなげています。まさに、オンラインでいうコンテンツマーケティングのような機能を果たしていると言えるのではないでしょうか。

日本でもデジタルサイネージが本格化

そんな韓国の事例に引き続き、日本でも駅や電車でのデジタルサイネージが今後ますます普及してくると予測されます。韓国の駅に設置されている「Degital View」と「HANGKOO」のような、地図データや観光情報が見られるタッチパネル式のデジタルサイネージが日本にも登場する日は遠くありません。大日本印刷株式会社と株式会社Will Smartが提携し、2015年3月までに、日本語・英語・韓国語・中国語の4言語に対応したデジタルサイネージ「Will Smart」を、駅や空港、ショッピングモールなどに70台導入すると発表しています。

さらに、2015年秋ごろから山手線で営業運転を開始するのは、広告媒体をデジタルサイネージ化した新型車両。山手線以外でも、車内の広告がすべてデジタルサイネージ化されるのも時間の問題かもしれません。

アナログ広告もデジタルに。新しい広告のカタチ

街頭に溢れる広告には誰の目にも留まらずに、無駄になっているものも多くあるでしょう。そんな中、デジタルサイネージという新しいスタイルの広告で、一方的な見せつけの広告ではなく、参加型・情報提供型の広告にすることができます。今後デジタルサイネージがどんな進化を遂げていくのか目が離せないところです。

参考元:http://www.jreast.co.jp/press/2014/20140701.pdf


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00