Column

【人気WEBメディアの作り方】成功コンテンツメディアがやっている5つの共通点とは?

|
  • デジタルマーケティング

【人気WEBメディアの作り方】成功コンテンツメディアがやっている5つの共通点とは?

「コンテンツマーケティングがいいのはわかったけど、何をするべきかさっぱりわからない…」そんなコンテンツマーケティング後発組にもメリットはあります。
それは、人気のコンテンツメディアから成功するためのヒントをもらえることです。
今回は、すぐに実践できる「人気のコンテンツメディアがやっている5つの共通点」をご紹介いたします。

コンテンツマーケティング5つの成功ポイント

1. 旬なネタをタイムリーで紹介する

旬なネタが豊富なタイムリーなメディアは「流行を追っている」と認知されやすいものです。
どんなジャンルでも、時事ネタや季節ネタに絡めて書ける記事のネタがあります。
季節に合わせた旬なネタのヒントは、競合メディアから見つけることができます。
その競合メディアが去年の今頃にどんな記事を配信しているか見てみましょう。
マネはいけませんが、アイディアになる発見があるはずです。

2.独自の視点がユニークで面白い

ユーザーはどこでも読めるコンテンツにはそれほど価値を感じていません。
○○でしか読めない記事がそのメディアの価値を高め、ファンを増やしてくことができるのです。
商品やサービスの購入につなげることまで考えると、業種によってはあまりコンテンツのクセを強くしすぎることはおすすめしませんが、独自の視点は持っておいたほうがいいでしょう。
その視点がユニークで面白いほど、ユーザーがリピーターになってくれるからです。

3.シェアしたくなる仕掛けがある

ソーシャルメディアからたくさんシェアをされることで、いわゆるバズるコンテンツになる可能性を秘めています。
ソーシャルメディアから自社のメディアにアクセスが集まると、たとえ立ち上げたばかりのメディアでも、一気にアクセス数を集めることができるからです。
シェアをされやすくするために、わかりやすいところに目立つようにシェアボタンを置いたり、実際に多くシェアされている記事の傾向を調べたりしてみましょう。

4.読みたくなるタイトルをつける

記事のタイトルというのは、その記事を読むか読まないかを左右する重要なものです。
どんなに内容のいい記事であっても、タイトルのセンスが良くなければ誰もクリックしてくれないので、読んでもらうことさえできません。
だからこそ、記事のタイトルは慎重にじっくりと考える必要があるのです。

5.スマホユーザーを意識している

自社のメディアに訪れるユーザーはパソコンからだけではありません。タブレットやスマートフォンからということもあり得ます。
画面が小さいスマートフォンから見ても読みやすいように、改行を意識しましょう。
Webサイトのデザインは各デバイスの画面に応じてレイアウトが変わるレスポンシブデザインがいいでしょう。
ページを開いたときに文字が詰まっていると、それだけで読む気をなくしまうものです。
できるだけ、見やすくわかりやすくなるように意識してみてください。

チェックリストにして定期的に確認しよう

競合の人気メディアを見て、今回ご紹介した5つのポイントが実践できているか調べてみてください。
もしできていなかったら、自社が勝てるチャンスですし、できていればまずは追いつくことを目指してメディアの改善に取り組んでみてください。
この5つのポイントをチェックリストにして定期的に確認しながら、「また読みたくなる」人気のメディアを目指しましょう。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00