Column

PR会社としての役割【PR、広報担当は必読】

|
  • 戦略PR/広報

PR会社としての役割【PR、広報担当は必読】

日本ではまだ広報・PR会社を使うという考え方は、そんなに広まっておらず、大手企業を除けば、PR会社に業務を委託する企業は、そんなにないようです。自社をメディアに情報発信するために現代社会において、最も効率の良い手段がそこにあります。

メディアの記者や編集者に対して情報発信をしても、費用がほとんどかからない代わりに、メディア側にその記事を掲載するかどうかの決定権があります。だから、自社製品を発信したくても取り上げられるかどうかは定かではありません。そこで PR会社が、企業とメディアとの仲立ちをする役割を果たすのです。

企業とメディアとの関係を深めるために、企業の広報担当者に、メディアが興味を持つような情報発信の方法をアドバイスをしたり、企業の広報活動の大部分を代行することもあるのです。PR会社にはメディアに響くプレスリリースにできるノウハウを持っていますから、メディアアプローチにも頼もしさがあります。埋もれるほど多くのメディアアプローチの中から、記事掲載につなげたり、記者からの取材を誘致してくれるという方法で、自社の存在をアピールすることができるのです。

中小企業の場合、発信する情報が無いとも思ってしまいますが、プロに頼むとその発掘もしてくれますし、外に向けての広報活動の道が開けるという会社にとっての未来に向けての発展性の元にもなるます。利用してみてわかります、これほどまでにと思うほどに効果があります。


ご不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。
皆様のお力になれますこと、楽しみにしております。

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

株式会社カーツメディアワークス

03-6427-1627平日10:00〜18:00

この記事を書いた人

代表取締役 村上崇

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにてIT、WEB、東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、官庁など幅広い業種のPR&マーケティングコンサルティングを手がけて独立。戦略PRおよびデジタルマーケティングを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。著書:「図解でわかるGoogleマーケティング」「クラウド情報整理術」「新しいWebマーケティングハンドブック」など5冊を執筆。連載実績:医療専門雑誌、金融機関向け専門誌等

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

03-6427-1627
平日10:00〜18:00