【B to B企業担当者向け】YouTubeビジネス活用(B to B企業YouTube活用の方法を解説)PR会社~カーツメディアワークス

【B to B企業担当者向け】YouTubeビジネス活用(B to B企業YouTube活用の方法を解説)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者:デジタルマーケティング事業部 清水 誠一

新型コロナウイルスの影響でオンラインサービスの需要が高まりました。YouTubeも例外ではありません。実際に再生需要が増えたためYouTube側が画質を強制的に下げたこともニュースになりました。
筆者個人(カーツメディアワークスでデジタルマーケティングを担当)としても実際にYouTubeの視聴時間がかなり増えたと感じています。

さて、コロナ終息後は、DX( デジタルトランスフォーメーション)がさらに加速していくでしょう。今まで若年層を中心に視聴されてきたYouTubeがさらに一般的になり、企業活動をするうえでも動画マーケティング(ここでは特にYouTube)は外せない項目となりつつあります。

ここではまず、もう既にYouTube活用が一般的になっている業界を確認してみます。

(YouTubeをすでに活用している業界)

・音楽業界
YouTubeは動画や音声で商品やサービスを訴求できるため、文字ではなく、動画での説明のほうがわかりやすい業界には非常に有効的です。音楽機材などは文字のブログより、実際の音声も伝えられる動画のほうがユーザーにとって便利ですよね。

・幼児玩具業界
小さい子供にとってYouTubeは非常に一般的で特に幼児の視聴はすごいものがあります。これは母親がスマホなどを見せることで育児が楽になるといった部分が影響していると思いますが、小さい子供でもスマホの画面をスクロールしたり、クリックしたり使いこなす場面によく遭遇します。

・教育業界
また教育業界も非常にYouTubeとは相性が良いです。
例としては、予備校のカリスマ先生のオンライン授業などがあげられますが、
学校の先生より教えるのが上手いので非常にわかりやすいですし、このジャンルもとても人気となっています。

他にも多々ありますが、ポイントしては文字ではなく動画、音声で伝えやすいサービス、商品を扱う業界といえます。

さて、ただ今回は上記のような、YouTubeをすでに活用できている企業ではなく、YouTubeを活用したいけど、いったいどうしたらいいのか 中でもB to B企業のYouTube活用について考えてみたいと思います。

何を隠そうカーツメディアワークスもB to B企業なので今回はカーツメディアワークスを例にしてみます。
(カーツメディアワークスはPRを軸にサービスを提供する企業で、その他、インフォグラフィックスといったクリエイティブ制作、海外向けPR,SNS活用といったデジタルマーケティングを総合的に支援している企業です。)

1. ターゲットを明確にする
まずはターゲットを選定します。

カーツメディアワークスのターゲットは以下です。
企業の広報担当者、マーケティング担当者、営業、経営層

 2. ターゲットのニーズを明確化する。
ニーズとしては広報、マーケティングの戦略構築が描けない。
また戦略は内製できるので実作業を委託したいなどです。

 3. ターゲットが動画で何を知りたいか考える
ターゲットは一般的に、展示会や各種セミナーで情報収集をする可能性が高いです。
また、課題が具体的に見つかっていればやはりGoogle検索などでその支援をしている企業を比較検討することも多いでしょう。サービス導入に際しては高い確率で相見積もりを依頼して比較するのも一般的です。

 そうして考えると以下などが想像できます。

・「広報がそもそもよくわかっていない場合などは広報とは といった基本情報を知りたい」
・「マーケティングの戦略構築の方法を知りたい」
・「広報企業の比較検討の仕方をしりたい」
・「発注先を誤りたくない」
・「相見積もりの際に比較検討できる情報、その企業の強み(USP)を動画で簡単に知りたい」など

4. ターゲットが具体的に何を検索するか
・「広報 基礎 やり方 企業向け」
・「マーケティング 基礎 簡単」
・「広報企業 比較方法」
・「広報企業 失敗 例」
・「広報企業 選び方」
・「広報企業 おすすめ」

5. キーワードをマーケティングファネルで選別
 4.ででたキーワードを顧客のマーケティングファネルにおいて考えてみましょう。

A“認知、興味関心層”向きのコンテンツ
・「広報 基礎 やり方 企業向け」
・「マーケティング 基礎 簡単」

B“比較検討”向きのコンテンツ
・「広報企業 比較方法」
・「広報企業 失敗 例」
・「広報企業 選び方」
・「広報企業 おすすめ」

C“購入” 向きのコンテンツ
・「カーツメディアワークスの強み」
・「カーツメディアワークスと他社との比較」

6. 動画制作の開始 
ここまできてようやく動画制作の開始になります。ですが、動画コンテンツは制作費用が高いので、量産などが非常に難しいです。制作した動画は広告で認知を広げるのか、またSEOで認知を広げるのかなども検討が必要です。

これから考える項目はざっと以下になります。

*詳細は以降の記事で書いていきます

・予算
1動画にかけられる予算

・動画の種類
 スライドショー形式
 セミナー形式 など

・動画分数
 3分 5分 10分 など

・認知方法
 広告、SEO など

・KPI
 費用体効果の確認方法、計測方法

さて、今回はここまでといたします。動画は今後企業マーケティングに欠かせない手段となっていきますが、実際に動画を社内で作ろうとするといろいろと考えなければならないことが多い、ということがお分かりいただけたかと思います。

ですが、YouTubeの活用は企業のデジタルマーケティングの一つにはかわりがないので、オウンドメディアの一つとして他メディアと同じようにKPIを設定して費用体効果を図りながら進めていくのがよいでしょう。

 
カーツメディアワークスでも企業向けのYouTube活用支援を行っていますので関心がある方は、お気軽にお問い合わせください。

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627