ジャーナリスト対応で知っておくべき9つのポイントPR会社~カーツメディアワークス

ジャーナリスト対応で知っておくべき9つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img

ピッチ上手になるためには、やはりメディア担当者とのポジティブな関係性を時間をかけて築き上げることが大切です。ここではどうすればこのようなプライスレスなコネクションを育むことができるのかについて、9つのポイントをご紹介していきましょう。

 

 

1. ジャーナリストに事前インタビューをする


電話インタビューではジャーナリストが電話の向こう側にいます。たいていの場合、質問に対してすぐに回答をするように促されますが、速報ニュースであるか、あるいは事前にきちんと準備ができている場合をのぞいて、少し間を置いて、あとですぐに掛け直すと提案しましょう。こうすることできちんと対応することができます。

 

電話を切る前に少し時間をもらって、ジャーナリストに逆に質問をしたり、記事でフォーカスしたい内容やなぜ自分が適任と考えているのかについて質問をしておきましょう。自分以外にもインタビューをする人物がいるのか、電話をかけ直す前に調べておくべき内容はあるのかについても確認をしておきます。あとはインタビューの準備ができたところで電話を掛け直せばいいのです。

 

 

2. デッドラインを知る


ジャーナリストに掛け直す際にはギリギリまで待たせないように気をつけましょう。ジャーナリストは納期に追われて忙しくしており、デッドライン間際になってしまった場合、おそらくすでに記事のほとんどが書かれた状態になっているでしょう。こうなるとせいぜい一つか二つのコメントを付け加えてもらえる程度。適切なタイミングで対応をすることができれば、記事全体の論旨に影響を与えることができ、ジャーナリストに深い視点を提供し、違ったアングルから再検討するように働きかけることもできます。

 

 

3. 決して「ノーコメント」と言わない


このフレーズほど非常に不利ものはありません。こう言わざるを得ないということは、以下のどれかだと考えられます:

 

     考えをまとめているところである。

     回答を持ち合わせていない。

     センシティブな内容であり、さらなる検討が必要である。

     その質問に答えたくない。

 

正当な理由がなんであれ、このフレーズを聞いた人は誰しも「なにかを隠しているな」という印象を抱くもの。

 

なにも秘密を開示しろと言っているのではありません。計画を立て、回答を用意し、適切に回答することが肝要です。

 

 

4. オフレコの会話を避ける


秘密は隠しておくのが難しいもの。ジャーナリズムにおいては、「機密性」というコンセプトはオフレコ扱いのトピックとして知られていますが、なかなか厄介なものです。報道組織や個人のジャーナリストのレベルにおいて横断的な定義がなされていないため、ジャーナリストが秘密のままにしておくというのは難しいと考えておきましょう。そのため、基本的にはオフレコの会話は避けるべきです。万が一オフレコの会話をするのに同意する場合は、以下を押さえておいてください。

 

     事前に報道のプロに相談する。

     ジャーナリストとの履歴を振り返って問題がないかを確認する。

     ジャーナリストに「オフレコ」の定義を確認しておく。

     会話を始めるに合意を取り付けておく。

 

 

5. 事前に質問を入手する


メジャーな新聞社などは事前に質問を提供することに同意してくれないものと考えておくべきですが、一方で小規模な組織や業界誌、エンターテインメント系の報道組織などの場合には事前の入手を期待できます。

 

しかし、インタビューは「なまもの」でもあります。話の流れで新たな質問が出てくることもありますので、きちんと準備をしておきましょう。特定の情報やデータが必要かを事前に確認しておくことで、より適切に備えることができます。

 

 

6. 時計に目をやる


インタビューの時間はあらゆる理由をつけて制限することが可能。必要以上に長いインタビューは危険な証拠漁りの場となりかねません。まずは15分に設定しておき、約束の時間を過ぎたところで上手に切り上げるための戦略を立てておくといいでしょう。

 

 

7. インタビューを録音する


多くのジャーナリストは純粋に正確かつ説得力のある記事を書こうとしているにもかかわらず、インタビューの内容について間違った引用をしてしまうこともあります。そこで、インタビューの前に会話を録音したい旨をきちんと伝えて、合法的に録音をしておくといいでしょう。

 

 

8. 自分のペースで行う


インタビューされる人の多くは、(特にプレッシャーの多いインタビューでは)すべての質問に答えなければと考えるもの。もし脱線した質問や自分の専門とかけ離れた質問が投げかけられた場合、無理に答える必要はありません。どうしても自分の専門外の内容についての回答を求められたら、必要に応じてほかに適切な方を紹介するようにしましょう。


 

9. ファクトチェックを申し出る


これは発行前に記事を見せるように依頼するのとは異なります。ファクトチェックはジャーナリストにとって役に立つことですが、同時に手間のかかるもの。ある時は引用部分一箇所のみのチェックが求められることもあれば、時にはより全般的なチェックを求められることもあります。いずれにしても、追記や明確化が求められているのであり、リライトが求められているわけではありません。



関連するサービス

  • 戦略PR/広報コンサルティング

    戦略PRとデジタルマーケティングを組み合わせたユニークなPR会社として、商品・サービス認知向上から「売れる仕組み」作りまで一貫してサポート致します。

  • テレビPR

    テレビPRのリーディングカンパニーであるカーツメディアワークスは、現在までに1000社以上を放送に導いています。

  • 記者会見・イベントPR

    タレントキャスティングからメディア集客、当日運営・進行まで一貫して記者会見を成功に導きます。テレビもお任せください。

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627