B2Bグローバル企業が使うべき?LinkedIn のSlide Shareコンテンツ広告!PR会社~カーツメディアワークス

B2Bグローバル企業が使うべき?LinkedIn のSlide Shareコンテンツ広告!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスに特化したソーシャルメディア「LinkedIn(リンクトイン)」で有名なLinkedIn社が、2012年5月に買収したプレゼンテーション資料共有サービス「Slide Share(スライドシェア)」。Slide Shareを使い、マーケティングに活かす企業が増えている中、さらに効果を発揮するために、LinkedInで宣伝ができる「Slide Shareコンテンツ広告」が注目を集めています。

日本企業初のSlide Shareコンテンツ広告は!?

2013年8月に東芝が、日本企業初のSlide Shareコンテンツ広告を出して話題となりました。この広告は、モジュール型データセンターの宣伝を行ったもので、シンガポールとマレーシアの LinkedIn ユーザーをターゲットとしたものでした。そのため、Slide Shareコンテンツ広告は英語。(http://www.SlideShare.net/TOSHIBA-CORPORATION/toshiba-smart-communitymdclinkedinSlide Shareadsplan2130822)

LinkedInはユーザー数が3億人を突破したソーシャルメディアですが、1億人のユーザーがいるアメリカに対して、日本では約100万人とそれほど利用者がいないのが現状です。そのため、LinkedIn でSlide Shareコンテンツ広告を出すなら、海外へ進出を考えているグローバル企業が取引先を増やしたい国のユーザーへ向けて英語でSlide Shareコンテンツ広告を作成するのが効果的でしょう。

Slide Shareコンテンツ広告作成の3つのコツ

1.表紙を目立たせる

東芝のSlide Shareコンテンツ広告を見ても分かる通り、スライドの表紙となる1枚目は、写真やイラストを大きく使うことが大切です。ターゲットの関心を集められそうなタイトルをつけ、イメージ写真で目立たせましょう。スライドと言っても、広告の役割をするものですから、目につくようにデザインにこだわることが重要なのです。

2.グラフを活用して理解しやすく

表紙を見て興味を持ってくれたユーザーが、最後まで見てくれるかどうかは、途中のわかりやすさ次第です。文字が小さくて、文章量が多いと、読みにくいと感じさせるので嫌がられます。隅から隅まで文章を読まなくても、イラストやグラフをぱっと見て理解できるように工夫しましょう。

3.CTAを忘れない

スライドの最後のページには、広告を見て自社に興味を持ったユーザーがアクションを起こせるようにCTA(Call To Action)ボタンを設置しましょう。リンクを設定しておけば、ボタンをクリックするだけで簡単にページへ飛ぶことができます。東芝の例を参考に、「企業サービスの詳細ページ」「お問い合わせ」「LinkedInページ」の3つを用意することをおすすめします。

Slide Shareコンテンツ広告で海外の取引先を増やそう

ユーザーが3億を突破したLinkedInは主にアメリカやイギリス、カナダ、オーストラリア、シンガポールで人気です。LinkedInのSlide Shareコンテンツ広告を利用することで、海外の取引先にターゲットを絞って宣伝することができます。Web広告でB2B向けのものを探しているのでしたら、Slide Shareコンテンツ広告を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

このコラムの投稿者

村上 崇(むらかみ たかし) 代表取締役/CEO
国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。その後、PRコンサルティングファームにて東証一部上場企業、グローバル企業などのブランディング及びクロスメディア戦略コンサルティングを手がけ独立。コンテンツマーケティングおよび戦略PRを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。

関連するサービス

  • 海外向けPR/海外向け広報戦略

    世界のPRパートナーおよびプロフェッショナル海外人材と共に各国のメディア戦略を実施。海外に響くPRコンテンツを生み出し広げていきます。

  • 海外向けデジタルマーケティング

    海外・各国の文化・ルールに合わせた「響く」コンテンツを生み出し、オウンドメディア、ソーシャルメディアを運営して認知度向上・啓蒙施策を実施

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627