効果のあるWebマーケティング・PRなら

WebPR/デジタルPR

効率的に効果的な話題をつくる
ソーシャル波及で「報道連鎖」につながるWebニュースの作成を

カーツメディアワークスでは、さまざまなWebニュース(報道記事)を作成、配信し、Twitter、Facebook、キュレーションメディアなどで話題をつくる「WebPR/デジタルPRサービス」をご提供しています。

消費者のメディア接触の態度も多様化し、従来のようにマスメディアへの広告出稿や記事露出のみでは、企業の伝えたい情報が消費者へ届きづらくなっています。
また、スマートフォンの急速な普及により、人々がWebに触れる時間が急増しました。今や、情報伝播の構造は「マスメディア中心」から「Web中心」さらには「スマホ中心」へとシフトし、WEBニュースは一次情報の発信源であり、マスメディアにとってもリサーチの情報源でもあるのです。

つまり、Webニュースで話題になることは、業界内のトレンドの発端となる影響力を持っているということです。Webメディアで話題になることで、「報道連鎖」に繋がり、マスメディア露出にもつながっていくのです。

カーツメディアワークスは、メディア環境が変化しているこのような状況に対応し、早くからデジタルPRに対応し多くの実績があります。国内・海外問わず、各Webメディアへ適切に情報を発信し、掲載へとつなげていくお手伝いをさせていただきます。

カーツメディアワークスが「WebPR/デジタルPR」をおすすめする5つの理由

①ソーシャルメディアでの拡散力
共感、興味を引きつけるネタはTwitter、Facebookをはじめとしたソーシャルメディアで「瞬く間に」拡散します。

②サイトへの集客力
記事に貼られたリンクから、直接サイトに誘導できます。

③報道連鎖
テレビや紙媒体などのメディア従事者にとって、主たるネタ探しはWebニュースです。Webニュースが主たるネタ元であるため、他のメディアへの「報道連鎖」を期待できます。

④ブランド価値の向上
サービス検索時に記事が出てくることで、広告では得られない信頼性を獲得できます。

⑤持続的な効果
Webニュースは半永久的に残り、キーワードで引っ掛かりやすいため、継続的な効果を得られます。

カーツメディアワークスの強み

①ソーシャルメディアへの話題提供と共有。マスメディアへの「報道連鎖」を獲得
カーツメディアワークスの「WebPR/デジタルPR」サービスの特徴は、第1次メディアである「Webメディア」媒体への記事掲載からマスへの波及、さらにソーシャルメディアへ話題を提供、シェア、拡散されることで、マスメディアからの取材を獲得する「報道連鎖」を生み出す仕組みです。
第1次メディアであるWeb媒体で徹底的に記事掲載からの訴求をはかり、拡散しやすい媒体に記事を掲載してもらうことでソーシャルメディアでの拡散を実現します。

②拡散されやすい媒体を徹底調査
カーツメディアワークスは、クライアント様の記事の内容によって、「拡散されやすい媒体」を徹底的に調査します。多くの媒体から最も効果の出る媒体を選び出し、1媒体ずつ丁寧に掲載交渉を行います。

WebPR/デジタルPRの事例

WebPR/デジタルPRの実績

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627