データビジュアライゼーションならカーツメディアワークス

データビジュアライゼーション制作

ビッグデータを網羅的に図解化する「データビジュアライゼーション」で、
「伝えたい情報」を「伝わる情報」へ。

「インフォグラフィック」と「データビジュアライゼーション」
情報をわかりやすく取捨選択し、制作者の意図を入れて情報を目立たせる部分、目立たせない部分などデータが編集されているのが「インフォグラフィック」ですが、「データビジュアライゼーション」では全てのデータを網羅的に反映します。情報の取捨選択をせず、そのデータをマクロ視点、またはミクロ視点で見やすくすることを目的としてビジュアル化させて見せます。つまり「データビジュアライゼーション」は、データから何を読み取るかは見る人に委ねられます。

「データビジュアライゼーション」のメリットとは?
「データビジュアライゼーション」とは、多くのデータを整理して網羅的に図解化する手法です。
見ていただく方が早いので、下記をご確認ください。
BIソフト/Tableauで制作したインタラクティブ型の「データビジュアライゼーション」です。
世界の人口動態をまとめていますので、国旗やグラフなどクリックしてみてください。

世界の人口動態




「データビジュアライゼーション」の長所は、全体を俯瞰して見ることができるので、情報量が膨大なビッグデータを扱うときに有効です。特に、扱うデータが大きいことを考慮して、スケールなどを正しく可視化することがポイントとなります。インタラクティブな表現で、スケールや推移を操作し、数値を読み取りやすくすることでその価値が高まります。
「データビジュアライゼーション」が適しているのは、マーケティング分析、IR資料、経営状況、長期間の傾向を見るなど、いわゆるビッグデータをマクロ視点、ミクロ視点で見ることが必要なものに最も適しています。

「データアナリティクス」「データビジュアライゼーション」は、データを紐解く上で欠かせないソリューションです。カーツメディアワークスでは、2011年から「データビジュアライゼーション」に取り組み、ビッグデータ時代に重要なコンテンツとして、メディア企業、メーカー、マーケティング関連企業など多数の企業・団体様にご提供してきました。

カーツメディアワークスは、「データアナリティクス」「データビジュアライゼーション」のソリューションにより、クライアント様が発信したい情報が消費者に正しく伝わるよう、最善のご提案をさせていただきます。

カーツメディアワークスが選ばれる理由

①多くの実績と豊富なノウハウ
カーツメディアワークスでは、2011年から「データビジュアライゼーション」に取り組み、ビッグデータ時代に重要なコンテンツとして、メディア企業、メーカー、マーケティング関連企業など多数の企業・団体様にご提供してきました。
「データビジュアライズ」制作の豊富な実績・ノウハウが、カーツメディアワークスの強みです。

②データ分析に基づいた「データビジュアライゼーション」
カーツメディアワークスが得意とする「データビジュアライズ」では、見えづらいことを「データ化」し、そのデータを「グラフィック化」などにより「可視化」して、各レイヤーに合わせた「わかりやすさ」を追求したサービスをご提供いたします。
最も重要なフェーズは「データビジュアライズ」のデザインを行う前の、情報の精査・構成のフェーズです。
カーツメディアワークスは、マーケティングデータの分析結果に基づいたご提案を行います。

③「データビジュアライズ」専門チームによる制作
豊富な実績、ノウハウを持つ「データビジュアライズ」のプロフェッショナルチームが制作を担当いたします。日経ビッグデータ別冊「データプレゼンテーション」の書籍制作にも携わっています。

データビジュアライゼーション制作の事例

データビジュアライゼーション制作の実績

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627