会社イベント・キャンペーン企画はお任せ

動画型コンテンツマーケティング

動画型コンテンツマーケティングとは?

リーチ力の高いオリジナル動画・番組を制作し、Youtubeチャンネル、ニコニコ動画他、動画プラットフォームを通して定期的に番組コンテンツを更新していきます。イメージで言えばテレビ番組の5分番組、「啓蒙していきたいこと」「発したいメッセージ」「訴求したい商品・サービス」を広告ではなく、多くの人に楽しんで頂く動画コンテンツとして広げていきます。

動画型コンテンツマーケティングについて

Youtubeやニコ動など現在、WEB動画は私たちの生活動線において日常的なタッチポイントとなりました。

今までコンテンツマーケティングといえば、テキスト型でSEOを重点的に考えたテキスト型のコンテンツマーケティングが一般的です。
しかし、動画ほど訴求力があり、見ている人を惹きつけるコンテンツは他にはありません。ご存知の通り、Youtuberが毎日数本アップする番組は、小中学生を中心に多くの視聴者を集めていたり、企業のマーケティングにおいても積極的に動画を発信する機会がヒット番組も増えてきました。


テレビ番組制作のノウハウを詰め込んだハイクオリティな番組制作

多くの人が「動画型コンテンツマーケティング」とは聞き慣れない言葉だと思います。
動画ではなく「番組コンテンツ」を定期的に制作し、ソーシャルメディアを駆使して広げていくことは多くの知識とリソース、スキル・経験が必要となるため提供できる企業は多くはありません。

カーツメディアワークスはそもそもテレビ番組の制作からスタートした会社です。毎日放送される朝の情報番組やドキュメンタリー、バラエティーやドラマ制作に携わり、マス(大衆)をターゲットとした番組コンテンツ制作ノウハウを蓄積してきました。そして何より番組制作を通じて多くの優秀なテレビ制作会社とのネットワークを築き上げたことが当社の強みとなります。

誰でも動画を撮影できる現在ですが、ターゲットを満足させ、ヒット・クチコミが広がる「番組制作」はノウハウと経験、企画力が必要なのです。

カーツメディアワークスでは今までの番組制作経験と国内ならびに海外のテレビ番組制作ネットワークを通じて、テレビ番組並みのクオリティーの高いコンテンツを定期的にそして安価に制作することが可能です。

制作するだけではない意味がないコンテンツ

いくらハイクオリティな番組を制作しても視聴者が増えるわけではありません。テレビ制作会社だけでは「動画型コンテンツマーケティング」を提供できないわけはここにあります。
カーツメディアワークスは、マスメディアコンテンツ制作を活かして2006年にPR業界に参入し、これまで様々なグローバル企業や上場企業、官公庁などのPR/広報戦略を手がけてきました。
特にソーシャルメディアマーケティング、デジタルマーケティング×テレビを組み合わせたクロスメディアPR戦略を得意としており「情報伝播の仕組み作り」から「購買や成約(アクション)」までの動線を生み出すコンサルティングをさせて頂いております。

それら「番組制作能力・クリエイティブスキル」と「アーンドメディア戦略」(PR・ソーシャルメディア)を組合せたのが「動画型コンテンツマーケティング」です。

動画型コンテンツマーケティングは「啓蒙」「記憶」「空気作り」+リード(見込み客)集め

動画型コンテンツマーケティングは、一発勝負のバイラル動画やCMではなく、貴社の「伝えたいメッセージ」「啓蒙したいこと」「空気作り」「訴求したいこと」をコンテンツに折込み、定期的に発信することで「ニーズ」や「ウォンツ」「記憶」を生み出していきます。
そしてYoutubeのチャンネル登録やオウンドメディアの会員登録、資料請求などでリード(見込み客)を獲得していく施策になります。

世界的な例でいえば、インテルコカ・コーラヴィトンなどは毎日か週1回の頻度で番組を提供しており、チェンネル登録者も数万人〜数十万人に登ります。

動画型コンテンツマーケティング事例:日本から世界へ「クールジャパン」を発信!
事例として、カーツメディアワークスが制作している日本のクリエーターを海外市場に向けて発信してる番組「tocotoco TV」(トコトコ)をぜひ御覧ください。

episode6より「サカモト教授」

動画を駆使した動画型コンテンツマーケティングを実施したい、実際予算はいくらかかるの?などご質問やお問い合わせはお気軽にこちらからお願い致します。

動画型コンテンツマーケティングの実績

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627