ブームを巻き起こす方法(ブームを起こす情報伝播の設計)PR会社~カーツメディアワークス

ブームを巻き起こす方法(ブームを起こす情報伝播の設計)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG

イノベーター理論に則って情報伝播を操作し、ブームを仕掛ける

ある商品が爆発的に売れたり、あるキーワードが流行したりするとき、そこには「イノベーター理論」が必ず当てはまります。


 情報やマーケットというものが、人々の間でいかにして広がり、ブームになっていくかをこの理論で説明できます。
このイノベーター理論を用いて意図的にブームを起こすこともマーケッターには求められます。


イノベーター(革新者)
アーリーアダプター(新規採用者)
アーリーマジョリティ(前期追随者)
レイトマジョリティ(後期追随者)



まず、イノベーター(革新者)が新しい価値Xを生み出します。
すると、流行に敏感なアーリーアダプター(新規採用者)がXに興味を抱き、世間に対してXを発信します。アーリーアダプターは、いわばカリスマみたいな存在です。

世間の注目度が高いため、多くの人がこれの影響を受けます。
影響を受けたアーリーマジョリティ(前期追随者)がXを話題にして広めることで、Xはレイトマジョリティ(後期追随者)にも浸透していきます。

この段階になると、Xは世間でブームとなり、「みんなが知っているX」「バカ売れ商品X」になります。
最後のラガード(遅滞者)は、流行に疎く、Xをかなり後になってから知るか、知らずに終わる人たちです。
 さて、自社が広めたい商品・サービスがあるとき、意図的にブームを起こすには、アーリーアダプターが特に重要です。

ファッションリーダーやセレブ、人気タレント、ご意見番など、その業界での注目度が高い人物がメディアで自社の商品・サービスを話題にしてくれたら、そこから一気に火が付くでしょう。


 世間に対してバズ(クチコミ)を起こすきっかけになるキーパーソンのことを、マーケティングでは「インフルエンサー」といいます。インフルエンサーを見つけて巻き込むことが、WEBマーケティング成功の鍵です。

---
ブームを巻き起こす方法(ブームを起こす情報伝播の設計)

このコラムの投稿者

JIMBO
神保公亮 (KOSUKE JIMBO) チーフコンテンツディレクター/プロデューサー

南カルフォルニア大学を経て、上智大学を卒業。ラジオ局、テレビ局などのマスメディア・コンテンツ制作業務に携わり、ファッション系ECのスタートアップへ転職し編集長となる。その後カーツメディアワークスへコンテンツディレクターとして合流。

関連するサービス

  • 戦略PR/広報コンサルティング

    戦略PRとデジタルマーケティングを組み合わせたユニークなPR会社として、商品・サービス認知向上から「売れる仕組み」作りまで一貫してサポート致します。

  • クロスメディアPR

    圧倒的なリーチ力のテレビとセグメントされたターゲットにリーチするWebメディアを組み合わせたテレビPR×WebPRサービスです。

PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627