【PR戦略成功事例】ドラッグストアチェーン新業態店舗のPR戦略PR会社~カーツメディアワークス

【PR戦略成功事例】ドラッグストアチェーン新業態店舗のPR戦略

img

要望

新業態の「美容」に特化した店舗を新規オープンするに際し、「話題性のある店舗」にするために、オープンの前段階から「話題性」、「知名度」を高めていきたい。


課題

  •  消費者の抱くイメージの中に、大手ドラッグチェーン店が「女性の美と健康をサポートしてくれる」というイメージは弱い。

  •  新店舗周辺は、国内・海外の有名ブランドが続々とオープンしている非常に競争の激しい立地環境であることから、消費者の目は厳しい。

  •  これまでも大手広告代理店により、さまざまなPRの仕掛けを行ってきた過去がある。

解決策

消費者が抱くであろう「なぜドラッグストアが美容??」というQuestionに答えていくPRを提案。
オープン前から少しずつ「話題性」を作り、「知名度」を上げていくために、①オープンに合わせたPRイベント、②インスタグラムを活用したPRの2つを同時並行で進めていくことに決定。

オープン前PRイベント「プレス向け内覧会」を開催
TV・ビジネス系メディア向けの「オープンセレモニー」と、美容・女性系メディア、インフルエンサー向けの「体験型内覧会」を実施。
 ⇒ 信頼度の高いメディアに掲載されることで、一般顧客への「知名度」を高める。
 ⇒ 「話題性」のある「体験内覧会」により、SNSでの拡散を狙う。

~「体験型内覧会」~
「体験型内覧会」の企画は、“インスタ映え”する写真を撮ってもらうことを狙って、有名アーティスト2名を招き「話題性」を作ることに注力。

インスタグラムを活用したPR
⇒ オープン前から徐々に「話題性」を作り出し、お店の「知名度」を上げていく。

新店舗のブランド名でオープン前からインスタグラムに投稿。「なんだろう?」と思わせる写真を投稿することで、インスタグラマーに対してオープン前から「話題性」を提供し、盛り上げていった。同時に、インスタグラマーをフォローしている人たちにも、事前に情報を届けることを狙った。


実績・結果

cosme

TV報道は、(WBS、めざましテレビなど)情報番組を中心に5番組で取り上げられ、有名メイクアップアーティストの効果もあって美容系雑誌(JJなど)への掲載も獲得。

その他、信頼性の高いビジネス系、美容系のWebメディアにも「話題性」のある店舗として多数取り上げられ、一般顧客への「知名度」を高めることに見事に成功。

広告換算値は1億1,200万円程度。
「総合型アプローチ」の成功事例の一つと言える。



PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627