【SNSマーケティング成功事例】テレビドラマのファンベース構築PR会社~カーツメディアワークス

【SNSマーケティング成功事例】テレビドラマのファンベース構築

img

要望

新ドラマを盛り上げるため、広告は打たずにSNSでバズらせて「話題化」させ、ファンを作りたい。

(直近にSNSで話題になった人気テレビドラマがあった)


課題

SNSで「話題となるコンテンツ」を、日々“大量に”発信していく必要がある。

 

SNSだからこそ発信できる「裏側の情報」を出していきたいが、ネタばれするのは困る。

 

通常は広告を出すのが一般的なやり方。広告を一切使わずファンを獲得していくためには、「ハッシュタグ」の付け方を工夫する必要がある。


解決策

FacebookTwitterInstagramLINEそれぞれの特性に合った「回数」「内容」でコンテンツを発信していくことを提案。Twitter1日に数回、LINEは週に1回などの個別のルールを作ることに決定。

 

情報として出せそうなネタを「カテゴリ別」に分類し、曜日ごとに「テーマ」を決めることを提案。「カテゴリ」「テーマ」が確定した上で、必要な素材を集めてもらうことに決定。

素材集めがスムーズに進み、大量のコンテンツ作りが可能となった。

 

・「裏側の情報」を発信していくために、「非公式」につぶやくことを提案。表の公式アカウントとは別の、「裏アカウント」を作ることに決定。

脇役のキャストに「非公式」につぶやいてもらい、公式アカウントでは発信できない“おもしろネタ”で「話題化」させることを狙った。

 

「ファンとコミュニケーションをとるための場」を作り、「話題となるコンテンツ」を大量に発信し、視聴者とドラマ、キャストとの距離を縮めて「愛着」を持ってもらうこと狙った。


実績・結果

FacebookTwitterInstagramLINEの合計フォロワー数300万人を獲得。

同一クールのドラマの中で、ファン数、フォロワー数ともに見事第1位。

日本国内でメジャーなSNS4つの全てを運用し、大きな実績につながった成功事例の一つである。


PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627