【テレビPRの成功事例】EC業界。"テレビ向きではない"を覆すPR会社~カーツメディアワークス

【テレビPRの成功事例】EC業界。"テレビ向きではない"を覆す

課題

 テレビ関係者が"ネタ"を選ぶ際に、「映像的に面白くないものは取り上げない」という鉄則がある。その中の1つが『Webサービス』である。どれだけPV数があっても、どれだけおもしろい情報が載っていても、パソコン中心では"動き"がないため映像化しにくいという理由で、テレビ向きではないと判断されてしまう。しかし、そういった中にも、もちろん例外はある。

今回のクライアントは「オーダーメイドシューズの製造」をWebサービスで提供している会社。『靴を自分でデザインでき、サイズが合わない時は無料で直す』という。雑誌などには何度も掲載されているが、『テレビ取材をなんとか入れたい』というのが希望だ。従来のPR方法では確かに厳しいが、ここで役立つのが弊社ならではの「引き出し」の多さだ。


テレビ向きではないを覆す

解決策:取材獲得のポイントは「切り口を変える」+「三本の矢」方式

 まずはアピールポイントを探るため「既製品」や「店舗型オーダーメイド製品」と、「クライアント商品」の価格・サービスを調査し、利用者にとってのメリットを比較した。店舗でオーダーする場合、出来上がるまで「完成品」を見ることはできないが、Webサービスなら画面上で、すぐにイメージ画像が確認できる。さらに組み合わせ次第では数兆通りのデザインが可能で、左右のサイズが違っても対応してくれるという。

アピールポイントが複数見つかったところで、次はテレビ向けに戦略を練らなくてはならない。女性視聴者が多い番組なら、サービスに興味は示すだろうが、やはり"動き"の壁は越えられない。さらに1商品だけでは番組コーナーが成立しづらく、取材獲得は難しいと睨んだ。そこで提案の"切り口"を「オーダーメイド商品」にし、ジャンルの違う一風変わった商品を複数リサーチ、それらを組み合わせて目星をつけた番組にアタックをした。

1本の矢ではへし折られてしまうが、3本なら...。さらに"エッジの効いた矢"にすることで、まさに番組担当者のハートを射止めるという作戦だ。

結果

あまりテレビでは取り上げられない『Webサービス』で取材の獲得に成功。さらに「左右のサイズ違いに対応」というポイントに女性コメンテーターが食い付き、スタジオトークも盛り上がった。

ただ1つ想定外だったのは「Webだけのサービス」という説明が足りなかったのか、パソコンを持っていない中高年の女性からも問い合わせが殺到し、電話がつながらなくなったことだ。こちらとしては大きな反省点であるが、クライアントからは「新たな客層が見えた」と、逆に勉強させていただく形となった。

---
【テレビPRの成功事例】EC業界。"テレビ向きではない"を覆す
PR/ソーシャルメディアのご相談は
03-6427-1627